パスワードを忘れた? アカウント作成
12616267 story
ストレージ

Microsoft、ユーザーの強い反発を受けてOneDriveの無料容量をオプトインで保持可能に 66

ストーリー by headless
保持 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Microsoftは11日、ストレージ容量縮小を含むOneDriveのサービス内容変更について一部修正し、OneDriveの無料ユーザーが現在の容量を保持可能にする手続きを行うことを発表した。ストレージ容量縮小に対するユーザーの反発は強く、OneDrive UserVoiceではストレージを返せという発言に対し7万件以上の賛同が寄せられていた(ITmediaニュースの記事ZDNetの記事WinBetaの記事Windows Centralの記事)。

OneDriveの無料ユーザーは容量が15GBから5GBに縮小され、カメラロールボーナス15GBの提供も廃止されるが、2016年1月31日まで用意される専用のリンクからオプトインすることで現在の容量を保持できるようになる。オプトインしないユーザーに対しては容量の縮小が段階的に適用され、容量を超過している場合は12ヶ月を過ぎると削除される。

一方、個人向けOffice 365ユーザーに対する容量制限の撤廃およびデータの保持期間については先の発表通りだが、容量制限によりサブスクリプションを中止する場合は全額の払い戻しを行うとのこと。企業ユーザーに関しては今回特に言及されていない。

前述のとおりオプトインの提供は期間限定なので、無料のOneDriveを利用しているユーザーは忘れずに申請しておこう。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...