パスワードを忘れた? アカウント作成
15548601 story
通信

5G でも大丈夫と安心する米航空会社、ただし…… 8

ストーリー by headless
干渉 部門より
5G C バンドの展開で電波高度計が使えなくなると大騒動した米航空会社だが、一転して大丈夫な雰囲気になっている (Ars Technica の記事CNN の記事)。

連邦通信委員会 (FCC) は 2020 年 2 月に 5G での C バンド使用を承認し、2021 年 2 月に周波数オークションを実施したが、連邦航空局 (FAA) が実際の航空機で使用する電波高度計の動作を検証することはなく、サービス開始を 1 か月後に控えた 11 月 2 日になって C バンドの 5G 信号が電波高度計に干渉する可能性があるとの耐航空性情報 (PDF) を公表。AT&T とVerizon Communications がサービス開始をたびたび延期する事態となった。FAA は 5G C バンドの通信を無効にする緩衝地帯の設置などの対策を発表したが、米航空会社の CEO は連名で 1 月 19 日にサービスが始まれば壊滅的な混乱を招くなどとする書状 (PDF) を運輸長官などに送っていた。

サービス開始直後は実際に一部の便が欠航するなどの混乱を招いたが、FAA は緩衝地帯を設ける空港を拡大し、20 日には米民間機の 78 % が 5G C バンド展開地域の空港で低視界時にも着陸可能になったと発表した。同日アメリカン航空 CEO は投資家に対し、時間がかかったがいい場所にたどり着いたと語り、これ以上の実質的な混乱はないとの考えを示したという。ユナイテッド航空 CEO も完全な解決はまだ先のことだが、確実に解決できると述べたとのこと。

しかし、現在の米民間機は緩衝地帯の設置を前提として 78 % が 5G C バンド展開地域で低視界時に着陸可能なのであって、緩衝地帯なしで安全に着陸できるかどうか確実ではない。当初の発表通りなら、通信会社が合意した緩衝地帯設置期間は 6 か月間となる。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • アンテナの俯角を増やして飛びを抑えるとか空港の近くに使用禁止区域を設けるとかガードバンドを広げるとか対策があるわけですが、どうもその程度で妥結せず揉めていたようなんですよね。オペレータからすれば投資の効果を直接的に低減するわけで……

  • by goldenslamber (49013) on 2022年01月23日 21時00分 (#4189405)

    AIRWORTHINESS
    耐航空性じゃなく、耐空性が正しい

  • by Anonymous Coward on 2022年01月23日 19時37分 (#4189381)

    どれだけ予兆があっても実際に犠牲者が出るまでは事態は改善されないのでしょうね。

    • by Anonymous Coward

      それは移動体通信サービス業界の習わしだろう。

      • by Anonymous Coward

        何を言ってるんだ。移動体通信サービス業界は、そもそも犠牲者が出ても事態を改善しないだろ。
        #すみませんノリで調べもせずに書いています

  • by Anonymous Coward on 2022年01月23日 22時28分 (#4189437)

    クリックしないと概要わからんようなタイトルを付けないで、お願い

    • by Anonymous Coward

      けっこう複雑なのでどう書いても「タイトルが不正確」とか言われるパターン

    • by Anonymous Coward

      クリックしないと概要わからんようなタイトルを付けないで、お願い

      > もうアフィサイト
       
      前からだし。運営には金が要るからしゃーない。
      なんか最近すごくレスポンス悪い時あるし、運営費節約でmicroインスタンスでも使ってるのではと心配

typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...