パスワードを忘れた? アカウント作成
300331 story
お金

高速増殖炉「もんじゅ」の復旧費用は 17.5 億円 145

ストーリー by reo
本人と、周囲の無念 部門より

昨年 8 月に炉内中継装置の落下事故が発生して原子炉容器から抜けなくなり、11 月には「再稼働も閉炉も復旧も不可能」とまで言われていた高速増殖炉「もんじゅ」だが (/.J 記事) 、復旧に 17 億を要すると日本原子力研究開発機構が先週発表した (asahi.com の記事) 。

17 億の内訳は状態観察: 3 億 7 千万、引き抜き・復旧作業: 9 億 4 千万、炉内中継装置の製作: 4 億 4 千万。ちなみに競合他社がいないのであろうが、これらの費用はほぼ随意契約である。また、この発表が行われる数日前に、装置を現場で担当する燃料環境課長が自殺していたことが分かった (Yahoo! ニュースの記事) 。日本原子力研究開発機構の関係者は「自殺の理由はよく分からない」との言。さぞかし辛い日々を過ごされたであろう。心からお悔やみ申し上げます。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 17億 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2011年02月22日 11時05分 (#1906339)

    庶民感覚からするとベラボーに高いけど、
    国家プロジェクトと考えるとなんか安く感じるのはなんでだろう。

    え?そんなもんなの?って正直思った

  • 本当に、高速増殖炉が必要かどうか、見直すってことはできないのか?
    もうそろそろ、諦めて他の道に予算を回すべきだと思うんだが。

    べつに、高速に増殖するわけじゃないから、名前負けしてるし。
    なくなれば、どれくらい、世の中の舌の安全に寄与するとおもってるんだ。

  • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 11時29分 (#1906350)

    もんじゅの復旧費用についてはちょっと前から少しずつニュースになってまして
    2/05 9.4億 [asahi.com] 落下した機器の取り出しと、その外した機器の調査
    2/14 4.4億 [47news.jp]変形して使えなくなった装置を新造
    は既出なので
    今回は落下した装置の状態観察をする3.7億が追加になった訳ですな

    この状態観察の結果によっては想定外の落下状況が判明して取り出し費用が更に増えたりするんですかね
    具体的にナトリウムに沈んだ装置をどう引き上げて復旧するのか、困難が予想される行程にも興味があるけどその辺はまだ報道を見掛けないような。
    でも復旧時期だけは今秋にもとかアナウンスされててどうも情報の出てくる順序が胡散臭い気がしますよ。

  • by PEEK (27419) on 2011年02月22日 11時33分 (#1906352) 日記

    裏でラジヲマンが絡んでたりして。

    --
    らじゃったのだ
  • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 12時23分 (#1906393)
    要は

    ・開けられない蓋の中を操作する装置がありました
    ・蓋の中で事故が起きました
    ・装置はもう動きません
    ・中を確認する手段もありません
    ・さぁどうしましょう?

    という非常にわかりやすい問題です。
    これが普通の工業装置であれば解体撤去もできたのですが、残念ながらそれはできません。

    焦点は、本当に復旧できるのか?できるならその方法は?の2点なのですが、今回の報道ではそこは言及されていません。
    具体的に上げられた金額に釣られてコストの視点だけで議論するのは、あまりにも誘導されすぎな気がします。

    今回の報道の内容を読む限り、「復旧作業を試みました。ダメでした。」のシナリオが用意されている可能性だって残されているのですから。

    個人的には、国や機構が「もう駄目です」と認めるまで、いったいあと何人が犠牲になるのか心配です。
    • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 14時35分 (#1906477)

      焦点は、本当に復旧できるのか?できるならその方法は?

      JAEAのWebサイトからたどっていけば見つかるけど、こんな方法でやるそうですよ。(PDF注意) [jaea.go.jp]

      ちなみに、今までフォローしてなかったけどこのニュースに興味があるという人はこっちの資料(PDF注意) [jaea.go.jp]が図入りでまとまっています。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 18時05分 (#1906567)
        いやいやいやいや・・・・・
        読んでみましたが、その結論は
        「炉内中継装置と燃料出入孔スリーブの一体引き抜きによる炉内中継装置の引抜き復旧工事(準備含む)の方法を検討」ですよ。
        その方法で復旧できるかどうかを検討する、ということを決めましたという話ですね。

        やっぱり、作業開始は半減期の後でしょうか・・・・
        親コメント
    • by NOBAX (21937) on 2011年02月22日 14時53分 (#1906484)
      経緯はもんじゅ落下事故に甘い認識、文科省の死角 [dandoweb.com]と、そのリンクあたりが詳しいです。
      何もしなくても設備の管理費や人件費はかかるので、そのためのお金ではないかという気がします。

      経験のない事故の復旧作業なので、いくらくらいかかるかわからないというのが、本当のところでしょう。
      かといって現状では廃炉にしたくても技術的にも無理ということで、二進も三進もいかない状況だと思います。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 18時11分 (#1906570)

      つーか全体的に
      http://dandoweb.com/backno/20100828.htm [dandoweb.com]
      このサイトに影響受け過ぎ、記事タイトル“もんじゅの炉心用装置落下、死んだも同然に”を
      初め全体的に筆者の憶測や論理的飛躍に満ちてる。

      “運転も廃炉も出来ない”とか”旧ソ連チェルノブイリ原発のような『永遠のお荷物』が出現”
      とかどんな状態だよ?

      通常の操作・機器だけではどうにもならないという状況なんだから、
      最悪の場合中継装置が使えなくても、格納容器に穴あけて、燃料棒取り出しのための治具作って燃料棒取り出しますよ。
      時間とお金だけの問題ですよ。廃炉も出来ないとかナンセンス過ぎ。

      #そもそも原型炉に対しこの風当たりの強さは異常。マトモに研究させる気が無いとしか思えない。
      #何でもかんでも予定通り進むわけねーだろ

      親コメント
  • まったく新しい形式なので,計画どおり進まないことは仕方がない。
    頑張って,良いものを作り上げてほしい。

    http://www.tepco.co.jp/cc/pressroom/overseas/2010/100817-j.html [tepco.co.jp]
     フランスの海外輸出戦略炉と位置づけられる欧州加圧水型軽水炉(EPR)
    は、初号機が2005年8月にフィンランド・オルキルオト3号機として建設を開
    始していますが、EPRの新規性、新規炉建設の長期途絶による技術品質低下、
    そしてこれらを十分に考慮しないスケジュール設定等が要因となって運開時期
    は当初見込みから3年以上遅延し、総費用も32億ユーロ(約3,500億円)から
    58億ユーロ(約6,400億円)へと1.8倍まで膨らむ見通しとなっています。

  • 復旧さえすれば、実験の名の下発電する、無税の電気を売って投下したカネを相当回収できるわけで、
    実際、原発はこの方法でメーカーやワレワレ傭兵を喰わしてなお潤ってる。
    邪推すれば、このスキームである程度投資回収してお茶を濁してトンズラ、というストーリだったんではないかな。。。
    ネット環境無くて投稿遅れた。
  • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 10時34分 (#1906315)

    17億も掛けて復旧するほど研究価値があるものなの? と思ったらもう発注済みなのか。
    赤字国債発行できなかったらどうするつもりなんだろう。

    • by 90 (35300) on 2011年02月22日 10時51分 (#1906327) 日記

      潰すとなったら17億じゃ済まないんですよ…行くも地獄戻るも地獄、立ち止まってもやっぱり地獄。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        17億って復旧予算についてもサバ読んでいそうだけどさ。
        まあ耳目を集めている案件だから、それ以上かかってもその名目は17億とするって程度の調整はするとは思うが。
        その分他に上乗せにすりゃあ業者は損しないし。

      • by Anonymous Coward
        復旧するにしても先で廃炉コストは必要でしょ。だから復旧コストと廃炉コストを比べる意味はない。復旧に17億かけていいかは、将来回収できる見込みがどれくらいあるかできまるんでは?
    • by nci (34333) on 2011年02月22日 13時02分 (#1906422)

      17億なんてカスみたいなもんでしょ?
      常陽から考えたら数兆円増殖炉に注ぎ込んでるんだから。

      ##個人的にはここまで金かけたんだから技術確立して欲しいけどね
      ##しかも基礎研究ってレベルでもないし

      親コメント
      • by simon (1336) on 2011年02月22日 17時42分 (#1906559)

        今後もお金はじゃんじゃか掛かり続けるよ。
        もんじゅは実用炉ですらない原型炉ですからね、まだ。

        原型炉……技術上の問題点洗い出し、経済性試算段階の原子炉 ← 今ここ
        実証炉……大型プラントの検証段階の原子炉
        実用炉(商用炉)……実用段階の原子炉

        もんじゅの検証結果を生かして今後実証炉を作り、そのチェックをすませてやっと実用炉ができるわけで。
        どんだけ遠い道のりなのさ、それって。何十年後になるわけ?って視点がまるでない。

        もうとっとと諦めちゃって、核融合やらメタンハイドレートやらの技術に予算増やしたほうがまだマシなんじゃねえの?ってことですよ。

        親コメント
        • by nci (34333) on 2011年02月22日 19時08分 (#1906610)

          うん、金が掛かることは当然ですよ。
          >どんだけ遠い道のりなのさ、それって。何十年後になるわけ?って視点がまるでない。
          では核融合はいつ出来るの?
          そりゃね夢の原子炉っていわれて30年以上経つ(40年ぐらい?)と思うけど、
          増殖炉はウランをプルトニウムに転換出来る
          ことは確かな訳です。そういう意味で確かなエネルギー源として判然しています。

          核融合はエネルギーを引き出すレベルまで技術面に全く目処が立っていないと思います。
          それこそ何十年先か何百年先かすら定かではないですよね。基礎研究段階なんですから。

          メタンハイドレートとか開発は大いに進めればいいけど、所詮石油や石炭の代りですからね
          (まあ枯渇するって言われて久しいですが、全く枯渇する感じはありませんけど)

          ##太陽光、風力+スマートグリッド+EVとかのバッテリでなんとかなるかもしれませんが、
          ##なんか脆弱な社会基盤じゃないですか?自然の影響易そうだし…
          ##個人的には社会を守るためにも人間のコントロール下にあるエネルギー源が絶対に必要だと思います。

          親コメント
          • by TarZ (28055) on 2011年02月22日 19時32分 (#1906625) 日記

            そりゃあ、高速増殖炉は(たぶん)動くんでしょうけど、経済性も考慮しないと「確かなエネルギー源」とは言えないと思いますよ。仮にウランの価格が今後数十年で10倍に値上がりした(新興国で原発ブームなのでこれはあり得る)としても、もしかしたら従来の炉のほうが安く発電できるかもしれないですし。

            もんじゅ以外にも次世代炉の候補はあり、もんじゅ系統の技術に目がなさそうならさっさと見切りをつけて(フランスは中断しましたよね)、開発リソースを別の技術に振り分ける、というのは大いにありではないでしょうか。

            親コメント
            • by nci (34333) on 2011年02月23日 10時45分 (#1906975)

              いやさ、高速炉は軽水炉よりも発電時の経済性は悪いと思いますよ。
              でもポイントは分裂させたウラン235やプルトニウム以上のプルトニウムを(まあ今は同じぐらいだけど、中性子の照射効率上げればもっとできるし)作り出すことに意味があるわけじゃないですか?
              MOX燃料もまあ何とかなりそうですし。

              たしかにTWRとか次世代原子炉の目処がたてばいいですけど、高速炉を捨て去るほどかな?
              他国も捨ててるわけではないですよ。
              日本原子力研究開発機構※PDF:http://www.jaea.go.jp/04/turuga/anncer/PDF/zu_4-1.pdf

              おっしゃるとおりウラン235が値上がりしたり、枯渇(こちらも石油同様枯渇する感はありませんが…)
              したりした場合やはり高速炉が重要なんじゃないかな~と思うんだよ。
              語弊があるかもしれないけど、エネルギーって経済性だけじゃ測れないと考えてるわけよ、
              値段が3倍になりましたからじゃ使わないってわけにはいかないじゃん?

              ##下の方のACのコメの方々は高速炉の意義をわかっているのかな?なんか効率がいい原子炉?とか思ってる気
              ##がしてならない。現在の軽水炉でも炉心では常にプルトニウムが出来てそれも分裂のサイクルに含まれるのは当然。
              ##高速炉はブランケット部のU238に中性子を照射し核燃料自体を作っているわけで…

              親コメント
          • by s-kei (16661) on 2011年02月23日 8時48分 (#1906923)

            > 太陽光、風力 (...) 自然の影響
            > 人間のコントロール下に

            あの、、きついこと言いますけど、
            増殖炉は開発開始から数十年経っても、稼働率はほぼ0%でしょう。それで他の電源にケチつけられても、説得力がありませんよ。(--;

            # 風力とか、もう世界の発電量の2%越えてるはずですよ。

            親コメント
      • by Anonymous Coward on 2011年02月22日 13時11分 (#1906430)

        > 常陽から考えたら数兆円
        > ここまで金かけたんだから
        コンコルド錯誤という奴ですね。

        親コメント
typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...