パスワードを忘れた? アカウント作成

富士通、親指シフトキーボードやOASYSの販売およびサポート終了」記事へのコメント

  • キーボードを商品化するには金型作んなきゃいけないから、
    初期費用もかかるし最小生産数も1000個くらい見込んで、
    でも1000個作っても900個売れ残ったら、とても悲しくて、
    だから少数作って単価上げて「欲しい人向け」なんて言い訳してたんだと思うけど、

    キーボードなんて中国の小さい会社でも、奇抜な色のとか、独自のマルチメディアキー付きとか、
    薄いのとかパクリのとか光るのとか作ってんだから(alibaba.com参考)、
    キー配列の一番手前一列が特殊(とキートップの印字)くらいのキーボードの生産コストは、
    実はどうにでもなるけど、やっぱり親指シフトが必要とされないってゆのが、
    親指シフト入力は親指シフトキーボードが無いとできないことが。

    106キーボードのスペースキーの下にもう一段追加してもとか、
    トラックパッドを代わりに使うとか、

    でもキーボードメーカーって、何故か配列に頑なで、
    テンキーの0を半分にしてカンマ追加とか、
    Sun Type-5 キーボードみたいに左側に追加とか、
    マイクロソフトはOffice用のキーボード出してたけど。

    #親指シフトキーボードより、OASYSとJapanistが無くなるけど、
    #サポートは2024年までするって、ごいすー
    #担当1人でサポートするのか、開発者がサポートするようになるのか。

    ここに返信

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...