パスワードを忘れた? アカウント作成

2017年夏の電力は余った」記事へのコメント

  • 日本の人口はもう増えることはないし [mhlw.go.jp]、日本のモノ作りも過去のもの(製造業のGDP比率は20%)となっており
    電力各社は国内電力需要の伸びに見切りをつけ、海外新興国の電力インフラ事業に進出しています。
    • by Anonymous Coward on 2018年01月12日 9時53分 (#3343235)

      最近、大規模な投資家が環境配慮した電力にしか投資をしないと言い始めている模様。理由は社会的責任とかじゃなくて「このまま放置したら投資事業に対して重大なリスクになるから」というところでどうしょうもない。特に保険関係の金が入っているところは必死らしい。

      ところが、こんな状況で日本は石炭火力を輸出強化と言い出し [meti.go.jp](PDF注意)て、批判 [asahi.com]、ブーイングを浴びており [yahoo.co.jp]、イメージが悪い上に、昨今の政府政策の影響で再エネ技術も育てきれず、売るもんが無くなってきている、と言うのが昨今の話のよう。

      発電所の効率だけみると最新鋭の石炭火力は確かにそれほど悪いもんじゃない。ただ、

      ・イメージ悪すぎ
      ・石炭は採掘時にも大量の二酸化炭素を排出するとか環境負荷が高い
      ・原理的に限界が来ているので、これ以上後から改修し環境対応能力強化させることが難しい。発電設備は投資後30年など長期間で回収を考える。すると環境負荷が高いまま稼働し続けることになる

      とか言われて、総合的にだめというのが評価らしい。
      では原発はというとご覧の有様で、際限なくコストが上がり続ける中、純粋な民間投資案件としては既に対象外という状況。

      完全に再エネシフトしろとは言わないけど、せめて問題のあるものを積極的に推進しないことは最低限必要とされていて、この手のものには投資が集まらない。
      投資が集まらないと売れないと言う状況で、売るものがない状態になってきている模様。

      以前は内需だけである程度金になったけど、国内のエネルギー需要は縮小しているとすると、売れる物を開発するしかない。誰がどう言おうと再エネシフトの流れは止まらないんじゃないかなあ。
      エネルギー分野で大規模なパラダイムシフトが起きたら、ITなんてもんじゃないくらい影響があると思うんだが、偉いさんたちはどう考えているんだろう。

      世界ではともかく、日本では現時点で再エネは石炭火力に比べて経済性が薄い、ってのはそりゃそうだけど、経済性高くできる技術が他で開発された後じゃもう何もかも遅いぞ。

      • by Anonymous Coward

        世界ではともかく、日本では現時点で再エネは石炭火力に比べて経済性が薄い、ってのはそりゃそうだけど、経済性高くできる技術が他で開発された後じゃもう何もかも遅いぞ。

        結局これにつきるよね。
        確かに再生可能エネルギーを電力システムに組み込むには難易度は高いが、難易度が低くなれば人件費を下げて輸出する途上国型経済になるしか道は無くなる。それでいいのかって話。

        • by Anonymous Coward

          それならそれで、人口が今の半分ぐらいになれば水力をベースに火力で補助でも何とかなったりして。
          人口減れば小さな経済でも生き残れるし。人を大切にできない文化も見直しが進むでしょう。
          エネルギーがないならないなりの人口と経済になるだけ。
          江戸時代は人口3000万人で閉じた経済圏を200年以上維持してたし。

          • by Anonymous Coward

            黒船4隻で崩壊するようなものを、情報伝達、交通手段がこれほど発達した
            現在に再現しろと。。。。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...