パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ドイツでは電力供給過多のため電気料金が下がり続けている」記事へのコメント

  • 本家でもコメントがついてるけど、ドイツの家庭や企業が支払う電気料金は上昇し続けていて下がる気配はない。

    下がっているのは電力事業者間の取引価格。
    ttp://www.gepr.org/ja/contents/20130304-03/
    税金で補填されるからどんだけ安く売っても懐は痛まないという、要は政府公認のダンピング。
    高い電気料金払った上に、税金でも自然エネルギー(笑)を買い支えている酷い状態。
    おかげで原子力どころか一般火力ですら民営発電事業は成り立たないぞと。

    • by Anonymous Coward
      すぐ下がりますよ、燃料の輸入もありませんし
      再生エネルギーは、少なくとも量については原発や火力なんかより上です
      殆どまともに計算している人はいませんが、計算してみるととてつもない量が発電される事が判る
      書くと、どういう訳か否定されるんですが(笑)
      電力事業なんて所詮利益誘導と政治がドロドロにまじりあったもの

      上手くいかない原発にいつまでも固執しないで、こういう成功例に追従していくべきだ
      でないと何回でも日本の電力政策は失敗してしまう
      • by Anonymous Coward

        ちなみに、太陽光が役に立たない(バッテリがどれくらいかも知りたいが)夜間の電力量はどれくらい余裕があるんでしょう?
        その内の国内の制御可能な量は

        • by Anonymous Coward

          ついでに言えばちょっと雲が出ても、発電量は数十分の一に激減。
          雨が降ったりくらい曇りの日は、数百分の1ですな。
          日本では、雨や曇りが1週間くらい続くなんて普通にありますよねえ

          • 簡単な話、医療などクリティカルな分野を除いて、資源が在るときに働き、無いときは働かなければ良い。
            電力が少ないなら、働かなければ良いのだ。
            働かないと何億何兆円損するよ?と疑問に思うかもしれないが、実際のところ、社会はそんなにギリギリで動いているわけではない。
            考えてみれば、今日中にしなければならない仕事なんてのは、ほとんど無いのだ。

            我々人類は自然を支配した気になっていたが、自然とともに生きることが自然なのだ。
            • by Anonymous Coward on 2014年07月02日 20時47分 (#2632015)

              晴れてるときだけ発電する電力で仕事しろっていうなら、ほとんどの工場は動かない。
              1年の内に30%発電できたからって、その30%の時間に仕事ができるわけじゃないんだ。
              大規模に電力を消費する工場の多くは、起動と停止に時間がかかる。
              1時間晴れたから発電して工場を起動してーってやってたら、起動が終わって何か作る前に曇りになったらおしまい。
              大規模な工場/プラントが24時間稼働する理由の一つは、そういう起動/停止のコストが大きいから。
              日本ではもう工業は諦めようって、そこまで腹をくくるのであれば、お望みのように自然と共に生きていけると思うよ。

              親コメント
              • 昼と夜の電力需要は2倍以上開きがあります。 つまり、ほとんどの企業は、夜は働いていないのです。 仕事を休もうと思えばいつでも休む事ができる証拠ですよ。 休んでいる間の労働者ですが、労働問題は行政と政治の問題。
                親コメント
              • by Anonymous Coward

                >>昼と夜の電力需要は2倍以上開きがあります。

                >>ほとんどの企業は、夜は働いていないのです。
                の間に関連性がまったく見えないのですが、どこをどうやったら「つまり」で結べるんですか?

              • by Anonymous Coward
                アスペ乙

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...