パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年9月2日のハードウェア記事一覧(全3件)
15403070 story
変なモノ

「役に立たない機械」という課題で初の早慶戦が行われる 30

ストーリー by nagazou
新伝統の一戦 部門より
早稲田大学の建築学科では、一年生向けに「役に立たない機械」という課題が出されるそうだ。これは同校の名物課題として知られているという。実は早稲田大学と敵対する組織として知られる慶應大学にも同様に「役に立たない機械」というお題が使われている授業があるそうだ。そこで両校で授業を担当している先生二人が「役に立たない機械」早慶戦をオンラインで行うことに至ったそうだ(デイリーポータルZ)。

対戦では役に立たない機械というテーマを元に、早稲田、慶応といった順に交互に14人が作品を発表。参加した先生と生徒が審査員となり、良かったもの三つを選択し、その合計点を競う内容となっている。1回戦目は早稲田「二進法カレンダー」対慶応「オレオろし器」といったように対戦が続いている。
15403049 story
スラッシュバック

6000Vの高電圧でスイカ割り 37

ストーリー by nagazou
惨劇 部門より
夏休み期間中の8月31日まで、Twitter上で#スイカ割り工作コンテストなるものが開催されていたそうだ。このコンテストでは、スイカ割りという条件を満たしていれば、規定や材料に特に制限はないとのことで、さまざまな科学実験を行っているWebサイト「高エネルギー技術研究室へようこそ」も参加したという(高エネルギー技術研究室へようこそ動画)。

同サイトでは、コンデンサに充電した電気を一気に流し、6000Vの高電圧でスイカを割るという装置を制作した。実際の制作の経緯としては同サイトを見ていただきたいが、完成したものは人間も簡単に死ぬレベルの凶器が完成したようだ。実験1回目ではきれいにスイカを割ることに成功。2回目は電極のセッティングや電圧を変えてみたところ、ピンク色に爆発するスイカの様子がハイスピードカメラによって撮影されたという。破片が10m先にも飛んでいく惨劇が起きたとのこと。
15404179 story
ビジネス

偽造半導体を買わされる被害が増加。国内でも流通の3割に影響とも 57

ストーリー by nagazou
偽造 部門より
以前にも似たような話題があったが、半導体不足により偽造半導体の被害に遭う企業が増加しているという。検索エンジンの広告を使って宣伝を行うなどしており、詐欺の手口として品質に問題のあるものや動作しないものを出荷したり、代金を前払いさせた状態で出荷しないなどの例も出ているとしている。一方で企業側もこうした被害に遭ったことを公開しないことから、偽造品の販売に歯止めがかからないとしている(TechPublicEngadget)。

また国内でも多くの偽造半導体が出回っているようだ。毎日新聞の記事によると、沖電気工業の子会社がこうした偽造半導体の流通に関して調査したところ、3割超が「偽物」だったことが判明したという。同記事ではこうした粗悪な半導体の流通が増加した場合、製品性能の低下や安全性に影響が出る恐れがあるとしている(毎日新聞)。
typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...