パスワードを忘れた? アカウント作成
15189603 story
政府

政府、アンモニアを脱炭素時代の燃料として普及させる方針。2050年までに3000万トン 91

ストーリー by nagazou
脱炭素 部門より
経済産業省は8日、2030年までにアンモニア燃料の国内消費量を年300万トンに、2050年までに水素とアンモニア発電をエネルギー全体の1割に当たる3000万トンにまで増やすとする目標を決めたそうだ(日経新聞NHK)。

アンモニアは燃やしても二酸化炭素を出さないことから、脱炭素に向けた次世代の燃料に位置づけられるという。2021年度からは実際の設備を使って石炭火力の燃料の20%をアンモニアとする実証試験が始まるそうで、この実証実験では既存の石炭火力発電所で、石炭を燃やす際に一緒に燃料として混ぜることで、二酸化炭素の排出量を減らす技術の実用化を目指すとしている(TBS NEWSテレ朝news)。

課題としてはアンモニア自体の輸入。テレ朝newsによれば、アンモニアのほとんどは各国が自給自足しており、輸出は世界中で2000万トンしかないという。またアンモニアを現在の「ハーバー・ボッシュ法」で生成をするためには、大量の二酸化炭素をを排出するという問題も抱えている。このため、水素を水の電気分解から得る「グリーンアンモニア」という手法を実現するための取り組みが行われているとしている(日経新聞その2過去記事)。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by NOBAX (21937) on 2021年02月10日 17時53分 (#3975700)
    風力や太陽光などによる電力は貯蔵、輸送できないことが悩みで、水素やアンモニアにいったん変換して
    電力や燃料として活用する試みです
    経産省が狼煙をあげたのはある程度成算があってのことでしょう

    東電・中電系JERAはマレーシアで水力など再生可能エネルギーを使ってアンモニアを製造 [nikkei.com]
    三菱重工、豪州・南オーストラリア州のグリーン水素・アンモニア事業開発に参画 [nikkei.com]
    • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 18時09分 (#3975711)

      電力貯蔵に太陽励起レーザ+マグネシウムで云々、って話があったけど
      とんと聞こえてこなくなったな
      あれもやはり投資の呼び水だけで終わっちゃったのかな

      親コメント
  • by t-wata (10969) on 2021年02月10日 17時24分 (#3975679) 日記

    家畜の尿とかから生成できないんですかね。

    • by Anonymous Coward

      糞を燃やした方が早くないか。

    • by Anonymous Coward

      アンモニア生成については過去に何回も話題になってるのに、また「おれが考えた最強のアンモニア生成法!」を聞かねばならんのか…。

  • 参考:新技術 (スコア:2, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2021年02月10日 18時58分 (#3975752)

    50 ℃で水素と窒素からアンモニアを合成する新触媒
    https://www.titech.ac.jp/news/2020/046682.html [titech.ac.jp]
    貴金属を使わないアンモニア合成の画期的技術
    https://www.titech.ac.jp/news/2020/047460.html [titech.ac.jp]

    なお、下の記事の細野さんはIGZOとセメント系半導体と鉄系超電導で有名な細野さんです。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 17時26分 (#3975681)

    「アンモニアの生産量が増えれば安く塩化アンモニウムも作れるようになる。これからはサルミアッキの時代。」

  • by scanner (19808) on 2021年02月10日 18時35分 (#3975735) 日記

    リンク先の動画の方では、NH3とO2がきれいにH2OとN2になる化学式でてたが。
    「そんな訳あるかい!」と思わず突っ込みそうに。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 17時20分 (#3975674)

    水素を電気分解で得るなら、その水素を燃やせばよいのでは…

    • by Anonymous Coward

      水素は安定的に貯めとくのがめんどくさい。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 17時36分 (#3975688)

    アンモニアを作るのに何を使うかだよねー
    石炭、石油、天然ガスじゃ話にならんので、
    原子力/太陽光/風力/地熱の発電で水を電気分解して水素作って? アンモニア合成?

    電気直接送れやー
    水素直接使えや~
    とも思うが、輸送や貯蔵は水素より楽だからな。(メリットはそれぐらい)

    • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 18時39分 (#3975737)

      >とも思うが、輸送や貯蔵は水素より楽だからな。(メリットはそれぐらい)

      それが一番大きいんじゃない。
      0.8MPaぐらいで液化できるわけだし。水素の70Mpaは難易度高いよなあ。
      毒性がかなり強いのが問題かもしれない。炭化水素が優秀すぎるな。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        水素自動車の代わりに良いのではと意見も見かけたけど、そもそも水素自動車の普及率はどうなんだろう

        あとNHKでは天然ガスの副産物を輸入する様に見えるけど、産出国はそのまま窒素肥料作った方が更に輸送の手間が減るよなぁ。

        • by Anonymous Coward

          水素自動車って、電気自動車のバッテリーを燃料電池に置き換えたものだからなぁ
          原発新設・再処理施設稼働して送電網を強化した方がいいのでは

    • by Anonymous Coward

      アンモニアを作るのに何を使うかだよねー

      つ 女王様

      # プレミアム価格なアンモニア爆誕

    • by Anonymous Coward

      根粒細菌じゃないだろうから、シアノバクテリアだろうね。
      いずれにしても光合成でCO2削減と一挙両得になる、とかスタートで言ってそうな予感

      • by Anonymous Coward

        シアノバクテリアがそんなに効率いいなら、とっくに肥料がそっちになってるでしょ。農業用も賄えていないのが現実。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 17時46分 (#3975694)

    不要な人間は仮想現実に生きてもらって、アンモニア生産源として使われる [youtube.com]ようになるんですね。

    • by Anonymous Coward

      人間は窒素固定できないんだけどなー。食物から取らないといけない。
      根粒菌のほうが良くないか?

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 18時30分 (#3975728)

    どこかから輸入してくるってロジックはどうにかならんもんか?
    結局生成するのに二酸化炭素が発生してそれを日本の排出量にカウントしたくないから
    外国のプラントで作った物を輸入するというロジックになると思うんだけど。

    • by Anonymous Coward

      化石燃料が埋蔵されてない以上は何処かから何かを輸入するしか無かろう。
      自前前提だと自然エネルギー系しか無いし、効率がなぁ。

    • by Anonymous Coward

      いえいえ、輸入どころか各ご家庭で作れるようになりますよ。
      汲み取り式の復活かぁ。

    • by Anonymous Coward

      核燃料サイクルなら輸入不要やで
      けど完全に独立するとフランスとアメリカがガチ切れして攻めてくるからできないやで

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 18時32分 (#3975732)

    旧型石炭火力を高効率なものに建てかえるんじゃだめなんかな。

  • by Anonymous Coward on 2021年02月10日 18時33分 (#3975733)

    わくわく

    • by Anonymous Coward

      渋滞にはまってもよおしても、燃料タンクにすればいいわけか。

    • by Anonymous Coward

      出したてのおしっこって尿素と水と塩とあとグルコースとかだろ。
      アンモニア出る病気とかあるかもしれんが。

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...