パスワードを忘れた? アカウント作成
13948482 story
ゲーム

ゲーム周辺機器メーカーのMad Catzが復活、日本再上陸 7

ストーリー by hylom
帰ってきた 部門より

Anonymous Coward曰く、

6月28日、香港のMad Catz Global Unlimitedが日本市場への再参入を発表した(4GamerITmediaPC WatchGAME Watch)。

Mad CatzはもともとMad Catz Interactive、Inc.というアメリカの企業で、1989年に創業しニューヨーク証券取引所にも上場したゲーミングデバイスの名門メーカーとして知られていたが、複数のプロダクトの失敗により経営状態が急激に悪化し2017年に破産。その後2018年に香港企業として再出発を発表。これまでに米国や豪州、欧州向けに製品を展開していた。

国内第1弾となる製品は同社の看板ともいえる特徴的なデザインのゲーミングマウス「R.A.T.」シリーズ。旧Mad Catz時代の製品をベースに、センサーの強化などスペックアップが図られている。

7月31日までヨドバシカメラ専売で先行販売を実施し、「Mad Catz再生産期間限定特価」として特別プロモーションも展開する。以後は一般販売が開始されるが、旧Mad Catz製品を所持するユーザー向けに先行販売と同内容の優待キャンペーンを実施するとのこと。

今後は国内向けに新開発のゲーミングマウス製品や、キーボード、ヘッドセットがリリースされる予定で、同社の製品の中でも評価が高かったアーケードスティックについても、発表時期は未定だが製品投入に向けたプロジェクトが進行中であることが明らかにされている。

  • by miyuri (33181) on 2019年07月03日 11時37分 (#3644924) 日記

    無効な証明書を寄越すウェブサーバ。
    埃が入り込みやすく除去しづらいキーボードとマウス。
    床面読取りセンサの位置が指先から遠いマウス。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年07月03日 8時44分 (#3644807)

    レーザーセンサーを使って(アクチュエートポイントが)ずらせるマウススイッチとか、ホールセンサーを使ったキーボードスイッチ(これは他社が採用済)、豊かな低音が出るドライバー等を採用とか。

    復活が早かったのはR&D部門と製造部門がほぼそのままだったから、RATの新型も金型があったから即製品化可能だったとのこと。

    でも、mad catzといえばアケコンだったわけで、これがどうなるかなんだよなぁ。
    ※一方ウメハラはスティック型アケコンを使わなくなった(全部ボタンのガフロボックス)

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年07月03日 13時23分 (#3644979)

    一昔前はMadCatzが有名だったかもしれんけど
    今や特に珍しいものでもないし安い中華コピーも出回ってて、
    ほんとにMadCatzに思い入れのあるファンぐらいしかウケると思えないな。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年07月03日 17時35分 (#3645154)

      昔の金型があるから、中身を入れ替えた「新製品」が短期に作れるわけで、今後通常デザイン(?)の新型マウスも予定されていますよ。
      ※画面がボカシだらけで通常デザインかどうかは疑問

    • by Anonymous Coward

      実用性の向上に貢献しないがかっこいいデザインそれが売り。

      でもそれだけではだめだから潰れたんだよね。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...