パスワードを忘れた? アカウント作成
13786492 story
映画

トム・クルーズ曰く、映画を見る際にテレビのフレーム補完機能は使うな 59

ストーリー by hylom
気持ちは分かる 部門より

人気俳優のトム・クルーズ氏が、テレビで映画を見る際にはフレーム補完機能などの映像をスムーズにする機能を使わないよう訴えている(Engadget Japanese)。

映画の制作現場では伝統的に秒間24フレームで映像を作ることが一般的だ。一方で現在のテレビ放送は秒間30フレームが一般的であり、多くのテレビは秒間30フレーム、もしくはその倍数で映像を描画できるようになっていることが多い。そのためフレーム間の映像を画像処理で作り出して補完を行うのだが、この機能を映画に対して利用すると「映像が安っぽくなる」とトム・クルーズ氏は感じているようだ。

  • by kcg (26566) on 2018年12月07日 14時01分 (#3528811) ホームページ 日記

    過去にCGを造ったとき、30FPSならそうでもなかったけど、
    インターレースの30f/secで実質60fpsにすると、とたんにビデオ撮影っぽく見えた。
    24fpsにすると映画とか時代劇っぽくなる。

    映画も高解像度ばかりではなくて高フレーム化が進めば、
    みんなそれに見慣れてきて家庭用ビデオやTV番組を連想しなくなるんじゃないかな。

    ここに返信
    • by hjmhjm (39921) on 2018年12月08日 15時45分 (#3529561)

      絵が一瞬止まってるところがよかったりするんじゃないかな。
      ちゃんと印象に残りやすかったり、動きにツメとタメができたりとか。

    • by Anonymous Coward

      一般に、ものごとが過剰だと下品で安っぽく見えるものです
      うま味過剰の二郎とか、色気過剰のキュアエトワールとか
      fpsも60は過剰なんでしょう

    • by Anonymous Coward

      ドラマと映画にFPSの違いがあったのは始めて知りました、でもカメラをゆっくりパンしたりするシーンはカクカクだったりして逆に見づらい気がします
      可変FPSはどうでしょうか?

    • by Anonymous Coward

      進みそうで進まない
      設備更新が必要だからってのと大判カメラ使ってるってのが大きい

  • by taka2 (14791) on 2018年12月07日 14時26分 (#3528828) ホームページ 日記

    「秒間30フレーム、もしくは」なんて書いてますけど、テレビ放送レベルで秒間30コマなんてまずないですね。インターレースで60コマ。

    で、映画やアニメなどは秒24コマなわけですが、それを秒60コマで放送する際には「2-3プルダウン」と呼ばれるフレームレート変換が行われます。
    秒24コマの絵を、秒60コマで「2回表示、3回表示、2回表示、3回表示、…」を繰り返す、というもの。
    これは、平均すれば、60/2.5=秒24コマ表示になっているのですが、ミクロに見れば、例えば、「秒24コマで、各コマ1cmで移動」という定速移動も、2-3プルダウンだと「1/30秒で1cm移動、1/20秒1cm移動、…の繰り返し」という、がたついた動きになってしまいます。

    それに対し、倍速駆動120コマ表示のテレビでは、たいてい「映画モード」があります。そのモードだと、上記の2-3プルダウン変換された映像をから、元の秒24コマの映像を復元して、それを秒120コマで5回ずつ表示することで、正しい秒24コマ表示を実現します。
    (復元といっても、元々ない映像をでっち上げたり補完したりするわけではありません。テレビ放送などのインターレース表示では、個々のコマは縦解像度半分しかなく、2回表示することで完全な解像度の絵になるわけですが、2-3プルダウンでは2回もしくは3回表示されますので、「3回表示される場合の3回目を捨てる」ことで、元通りの秒24コマの映像を抽出できます)

    というわけで、映画を見る場合、倍速機能のないテレビよりも、倍速機能のあるテレビで映画モードで見るほうが、より映画館で見るものに近くなるんですよね…

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      フレーム周波数とフィールド周波数は区別したほうがいいですよ

    • by Anonymous Coward

      アメリカや日本ではそうだが、ヨーロッパは違うとか聞いたぞ。
      (テレビのフレームレートが違うせいだとか…アナログ時代の話なのでデジタル化後はどうなってるのかわからんが)

      • ヨーロッパ(PAL)は秒25フレーム(インターレース50フィールド)なので、
        映画などは秒24コマの映像は、画像そのまま再生速度を変えて秒25コマ放送。
        デジタル(DVB-T)でも25フレのままなので、同様でしょう。

        乱暴なことこの上ない方法ですが、再生速度の4%アップを気にしないなら、
        「動きのなめらかさ」は元の映画と変わらない、という点では2-3プルダウンよりまし、
        という考え方はできるかも。

        • by nnnhhh (47970) on 2018年12月07日 17時11分 (#3528989) 日記

          マジでこれなんすかスゲーな

          • by Anonymous Coward

            さすがに音声パートは調整してるらしいですけどね。

        • by Anonymous Coward

          >再生速度の4%アップ
          音程がかなり上がりますな。60セントくらい?(半音=100セント)
          声の質もかなり変わりますし(今でいう萌え声を実現するためにピッチをこの程度上げてた歌手がいたり)、もちろん絶対音感もってたら音楽はさぞ気持ち悪いことになるでしょう。

          • by Anonymous Coward

            > 絶対音感もってたら音楽はさぞ気持ち悪いことになるでしょう

            そんなわけ無い。

            そもそも、クラシックの演奏では、奏者の考えによって一点イ音が430Hzから450Hz強位の間で変化している。
            さらに古楽なら410Hz位に調律することさえある。演奏速度についても、有名なベートーヴェンの第九だって
            演奏時間か60分台の速い演奏から80分近くの遅い演奏まである。

            そんな少しの音程の変化でいちいち気持ち悪がっていたら、絶対音感持ってる人はクラシックの
            演奏家にも愛好家にもなれない。

            • by Anonymous Coward

              いやそれ考え方が違いますよ

              440Hz標準に慣れた人(=普通の音楽、普通の人達)がそれだけピッチ変わったら不自然に感じる人もそれなりにいるでしょ、というだけの話。

              なぜ関係ない知識開陳されるのかよくわかりません

              • by Anonymous Coward

                元々のコメは「絶対音感もってたら音楽はさぞ気持ち悪いことになるでしょう」と
                書いてあるけど、絶対音感を持っていたら高いか低いかの違いがわかるだけに過ぎない。
                基準音が少し高いとか速度が少し速いとか、その程度のことで気持ち悪いと思ってたら、
                クラシックの演奏も鑑賞も出来ない。だから、絶対音感もってたら音楽が気持ち悪く
                なるだろうなんてことはただの思い込み。単に違うことがわかって、それを好む
                好まない/許す許さないの違いにすぎない。

                関係ないと思うとか、読解力なさ過ぎ。

              • by Anonymous Coward

                表現として音程が変わるのと、機械的に音程を変えられることの区別をつけない音楽愛好家がどこにいますか
                オタクってほんと自分の趣味をないがしろにするよね
                作品より自分が大事だもんね

    • by Anonymous Coward

      フレーム周波数と最初から書いてあるのになんでインターレースを持ち出す?
      結局議論のカギは
      毎秒24コマってのが、映画らしい品格ある映像なのかどうか、それは本当なのかどうか、だが、それがそもそもどうも釈然としないが、仮にそうだったとして、それがインターレースやレート変換(補完)と関係あるという根拠はあるの?
      こればっかりはYoutubeで並べて比較、とはいかないからなあ

      案外、映画館のように暗いとこで、低フレームレートで見るから、荘厳な感じがする、ってのが正解だったりして

      • by taka2 (14791) on 2018年12月07日 16時38分 (#3528947) ホームページ 日記

        表示のソースとなるテレビ放送などの映像信号はインターレースなんだから、映像処理の観点ではインターレースを持ち出さないと意味がないですよ。まあ、Blu-rayなら24p記録できますので、モニター側が対応していれば、そのまま24p表示できますけど、DVD は映画も60i記録。

        ・テレビ放送など従来からの映像信号は秒30フレーム(60フィールド)のインターレースである。
        ・秒30フレーム(60フィールド)のテレビでは、24コマ/秒の映像を正確に表示できない(2回表示・3回表示・2回表示・3回表示…の繰り返しになる)が、
        ・秒120フレームの倍速駆動テレビなら、同じ絵を5回ずつ表示することで、正確に24コマ/秒の映像を表示できる。
        ・ただし、そのためには秒60フィールドの映像信号から24コマ/秒の映像を復元する必要がある(そういう補完処理が必要)

        ということで、倍速駆動で映画モードの方が映画館の上映に近いものになる、という話。

        なお、
        > 低フレームレートで見るから
        「映画館の24コマ/秒と、倍速テレビの120コマ/秒で5回ずつ表示では、条件が異なる」と言いたくなるかもしれませんが、
        映画館の24コマ/秒も、実際には1/24秒おきに表示するわけではありません。各画像を1/24秒ずつ表示するだけだと、24Hzの点滅となり、そのチラツキが視認できて見るに耐えません。そこで、映写機は同じコマを何度(3~4回)も表示する(点滅させる)ようになってます。
        (フィルム映写機の動きでいうと「フィルムを送る→光る→消す→光る→消す→光る→消す→フィルムを送る→光る…」という流れ)
        ですので、「120コマ/秒で5回ずつ表示」というのは、映画館の上映とほぼ同じ表示方式になります。

        • by Anonymous Coward

          mpeg2でソフトテレシネが規格化されているので、DVDもテレビ放送(デジタル)もプログレッシブ映像を収録することは可能だし、実際行われていますがね。

          • by Anonymous Coward

            DVDのほうはたしかにそうですが、ソフトテレシネで放送してる局って今ありましたっけ。
            かつてはWOWOWがそうだったんですけど、今はやめてた気がします。

      • by Anonymous Coward

        エミュレートできるでしょ。

  • by nemui4 (20313) on 2018年12月07日 13時49分 (#3528806) 日記

    映像の安っぽい/安っぽくないってどんなん?

    そのためフレーム間の映像を画像処理で作り出して補完を行うのだが、この機能を映画に対して利用すると「映像が安っぽくなる」とトム・クルーズ氏は感じているようだ。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 15時19分 (#3528870)

    文字もアンチエイリアスかけると、文字がボケるっていう人いるじゃん。
    あれと一緒でしょ。
    アンチエイリアスかけること前提のフォントデザインですら文句言う人いるのだから、フレーム補完前提で映像作ってるわけじゃないものに、間を補完して60フレームにしたら、当然いびつな部分とか不自然なところも出る。

    素人目に区別つくとか、そういう話は置いといて。映画とかやってる人は、24フレームだとか30フレームだとか、それに特化した映像を作ってるんだから、間を補完して変なものを混ぜられるのは許しがたいってのもわからんではない。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward
      その点の解決は画像ならディープラーニングに拠る予算の都合手を抜いてる分の復元や補完だから、映像でもその内作って無いフレームを現実と同等以上に補完してしまうんじゃね。
      • by Anonymous Coward

        フレーム1とフレーム2には乳首は書いてないけど、補完したフレーム1.5で乳首が現れるようなAIが

    • by Anonymous Coward

      個人的にアニメにフレーム補完かけるのが理解できない。
      8fpsだから無理ある。

    • by Anonymous Coward

      > フレーム補完前提で映像作ってるわけじゃないものに、間を補完して60フレームにしたら、当然いびつな部分とか不自然なところも出る。

      (#3528947)の人が書いているように、異なる二つのフレームから合成補完したフレームを流しているわけではありませんよ。

    • by Anonymous Coward

      テレビの補完は調べたことないからぶっちゃけよくわからないけど、
      自分が撮ったタイムラプスを動画するときにフレーム補完するととんでもない形に補完されることがかなりあるな。それが安っぽいかどうかもよくわからないw

  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 14時11分 (#3528817)

    4K放送でせっかくだから24fps対応にすればよかったのに。
    フレームレートを増やすのが大変なのは分かるが、減らすのってそんなに大変かしら。
    放送開始時やCMとかで画面がぷつっと切れたりするかもしれないけど。

    24fpsは映画感があって確かに補完するとなんか安っぽいというのは分かる。
    でも、なんかぶれないか?
    映画館で画面ブレが気になる。

    ここに返信
    • by tomone (15592) on 2018年12月08日 0時57分 (#3529310) ホームページ

      4Kだとむしろフレームレート上げてたりしますね。
      なんでかと思ったんですが、画面の中の移動速度が同じなら、移動dot数は倍になる。
      とすると動き補償させるために検索しなきゃいけない面積が4倍になる。
      フレームレートを倍にするならば、面積は同じまま。

      --
      TomOne
    • by Anonymous Coward

      Amazonのプライムビデオは、映画とアニメはFire TV(現状の廉価版のStickは不可)で再生する場合24fpsのプログレッシブでHDMI出力出来ます。
      テレビ放送と違って出力するフレームレートを変更するために数秒途切れても問題ないのはオンデマンドの利点かも。

      ※正確には23.976fps出力

  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 14時14分 (#3528819)

    動画プレイヤーのフレーム補完機能使うと、スムーズになったような気もするんだけど、やっぱりなんか違和感があって、気持ち悪い動画になる時も多いので。

    折角、制作側が現状のフレームレートに調整してきたのに、再生時にいじられるのは喜ばないでしょ。

    ただ、配信サイト上とかはどうなっているんだろう?とは思うけど。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 14時19分 (#3528824)

    Blackまでとクウガ以降の、映像の差かな

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      真「」
      ZO「」
      J「」

      • by Anonymous Coward

        全部まとめてディケイドに潰してもらいましょう
        #オーマジオウも

  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 14時26分 (#3528827)

    パソコンでDVDを高画質再生しようとするHTPC全盛の頃、再生ソフトのフレーム補完機能をOnにして30pや60pで再生すると動きが滑らかになりスゲ~
    などと言われましたが、その頃から「安っぽく感じる」と言う意見もありました。
    なんだかテレビドラマみたいに見えて安っぽく感じるんですよね。
    フィルムの24pのカクカクした動きが「映画を観ているんだ」と言う感覚に繋がっているのかと。

    今どきのデジタル撮影・映写って30pなのでしょうか、それとも24pなのでしょうか?
    24pの動画を体験していない世代には関係なさそうに思います。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 14時34分 (#3528834)

    さらにその下を行く日本映画なんて、脳内補完しないとまともに見れないほど酷いものだが。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 14時35分 (#3528835)

    トムクルーズさんは体を張ったアクションで観客を楽しませようとしているジャッキーチェンの正統後継者だとおもうので彼の言うことなら聞こうと思います。いやミッションインポッシブル最新作で「そのヘリのシーン、要る?」とも思ったのですがトムがあのアクションを生身でやりたかったのだと思えばツッコむのは無粋だとおもいました

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      トムさんの映画は殆ど見てないんですが、ひたすら生身アクションに拘る方なら
      「なんか俺がしたアクションの間に俺がしていないコマが生成されているらしい……」
      という状況がキモチワルイんじゃないでしょうかね?

  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 15時09分 (#3528861)

    60fpsより30fpsのほうがスピード感がある

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 16時54分 (#3528968)

    動きが激しく肌色率の多いビデオを、フレーム補間ソフトを使って60フレーム再生することで、ホームビデオで撮影したハ◯撮り風や盗◯風にして愉しむビデオ愛好家はマイノリティなんでしょうか
    古臭い24フレームに固執し、高フレームレートでの再生を声高に否定するのは、撮影機材の更新に大金を費やしたくない撮影サイドの言い訳を正当化しようとする大いなる陰謀だと思うのであります

    ここに返信
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...