パスワードを忘れた? アカウント作成
12630816 story
テクノロジー

HondaJet、ついに納入開始 68

ストーリー by headless
納入 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ホンダの子会社、ホンダ エアクラフト カンパニーは12月23日、小型ビジネスジェット機HondaJetの1号機を顧客に納入したことを発表した(プレスリリース日本経済新聞の記事Aviation Wireの記事Car Watchの記事)。

HondaJetは、ホンダが航空機産業への参入をめざし独自に開発した小型機。2003年の初飛行成功以降、長年に渡り開発や試験が続けられており、主翼上に取りつけたエンジンによる特徴的な外観に加え、広い客室スペースや同クラス最高水準の燃費性能・巡航速度を実現している。12月8日に米連邦航空局(FAA)の型式証明を取得し、顧客への引き渡しが可能となっていた。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2015年12月26日 16時35分 (#2941070)

    関連ストーリー見ると、2003年からずっと話題になってて、それが12年を経てようやく納入ですか…長かった。
    初飛行からも長ければ、量産機が飛んでからも5年と、航空機の開発は時間がかかるものですねぇ。

    • by Anonymous Coward

      積んでるエンジンの方は利益が出るまで機体よりさらに時間がかかるから.......

  • by Anonymous Coward on 2015年12月26日 19時11分 (#2941114)

    自家用操縦士免許がセスナほど気楽に取れなかったような記憶があるんだよなあ。。
    主に価格面。
    まあセスナでも取りたいならこっち(アメリカ)に来い状態だったが。
    #主目的は剣術習う代わりに射撃教えたかったようだがw

    • by Anonymous Coward

      これを買う層の大多数は自分で操縦しないでしょ?
      待ち時間を無くしたり、移動中も仕事して有効に使いたいから、定期便では無くビジネスジェットを選ぶんだよね。
      自分で操縦したらすべて台無し。地上での飛行の手続きだって他人に任せられないなら意味が無いよ。

      • by Anonymous Coward

        そこまでのグレードの機体かというと微秒なところ
        小型ジェットとしてはローエンドの方に近いから、オーナー自ら操縦する人もそれなりにいると思う
        大西洋無着陸横断出来る航続距離があるような上級機だと、さすがにパイロットを雇うし、それだけの金持ちでなければ買えない
        それとHondaJetは複数のオーナーが共同保有する機体としても、グレードが低い方だろう

  • by Anonymous Coward on 2015年12月26日 16時02分 (#2941061)

    筆頭スポンサーはホンダで。

  • by Anonymous Coward on 2015年12月26日 16時30分 (#2941069)

    MRJもがんばれ

    • by Anonymous Coward

      ATD-Xはもっとがんばれ(多分来年初飛行)

    • by Anonymous Coward

      主翼強度不足でフラッターを起こした零戦の遺伝子が目覚めたとか言われててワロタ

      • by Anonymous Coward

        頑丈に作り過ぎて重くなったYS-11に懲りて、膾を吹いているのです。

        # 敗戦後のインフレに懲りて、デフレ風を吹きまくった、日銀の様に。
        (過去二年余り円高是正を止める程に、デフレ風は敗戦後日銀の本能)

  • 揚力は大きく出来るからな。

    今回みたいな小型機は構造体的な問題で本体に設置せざるを得なかったというけど
    大型機でこういうデザインに出来なかったのって何でだろう?

    • デメリットがメリットを上回るから

      親コメント
      • 大型機でも翼の上のほうが効率いいのかは知らんけど、
        エンジンのメンテナンスを考えると、大型機でエンジンを上のほうに取り付けるのは大変そうだな。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        極論すりゃそうだろうね、なんせ「面倒臭い」ですらデメリットとして成立するだろうしw

        • 「エンジン整備が面倒くさい」というのは十分に理由になりますよ。
          整備手順改善という名目で手抜き作業が横行した挙句墜落事故に至った例もありますので。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          コストに跳ね返るから商用機は無理でしょ
          エンジンが翼の上にあるので運賃高いですって訳にはいかない
          本体価格やメンテナンス、操縦性、乗り心地などひっくるめて安上がりならメリットになるけどね

          新しい物好きとか、見栄張るのにお金を惜しまない個人や社用機なら需要あるはず

          • by Anonymous Coward

            ホンダジェットは安くて高効率だから人気が出ているわけですが…

            • by Anonymous Coward

              ホンダジェットは大型機ではないけどね

          • by Anonymous Coward

            社用機(ホンダジェット級)は、僻地連絡機として軍用輸送機並みの不整地飛行場での運用が求められる事がある。
            最も強度が求められる床構造と主翼が一体化するので構造上優位=低質量=低燃費な低翼機で、主翼前方上方=高位置&前方にエンジンを置きエンジン異物吸入を減少させるレイアウトは、正面空力中心高とエンジン位置高が近く、低主翼下にエンジンを設け尾翼揚力モーメントで補正する通常のスタイルより抗力が低いメリットをもたらし、後退主翼の境界層板も兼ね離着陸性能を向上させ、胴体後方横にエンジンをマウントする場合と異なり如何なる迎え角でも安定した吸気が可能で、他に空力上デメリットが無いなら、小型機であるからエンジンメンテ上さほど不利とならないという結果を引き出しているのでは?
            エンジンがでかいリージョナルジェット級以上では無理だろうが。

            • by Anonymous Coward

              ホンダジェット級の僻地連絡機なんてものは存在しない
              エアラインの定期便より高速・高空をさっさと飛んでいくのが社用機のビジネス・ジェット
              芝生の飛行場とかを利用するのはレシプロ小型機の役割

    • > 揚力は大きく出来るからな。
      コアンダ効果のことなら、位置的に違わないか?

      エンジンと翼や脚の距離を短くすれば、それだけ構造部材を減らせる。実際、エンジン直下に脚がレイアウトされている。
      つまり、この飛行機の主な構造は翼周りで完結していて、その上に居住性重視の軽量キャビンを載せただけなのではなかろうか。

      親コメント
    • 揚力発生面にあんなゴミ置いて揚力大きくなるとか、どこの航空力学だ。

      • 中の人の講演聴きに行ったことがあるが、どこの、と言われたらあの形はホンダはボーイングとの初期研究で生まれたものだそうなので、ボーイングとホンダの、と言うことになりますかな。

        ホンダの人ももちろん、ボーイングの人も正攻法では思ったような成果が出なくて、半ばやけくそでデータとりのためにやった実験が思いの外よかった、と言うことらしい。ただ最初は実験のエラーとして処理されたとか。
        で、なぜ現実ではあり得ない(はずの)形状が実験ではよい結果が出るのかと言うことを研究するために詳しくやる事になったが何度やってもよい結果が出るので、と言うことで今に至るのだとか。

        親コメント
        • ホンダエアクラフト自身が、あのエンジン配置の航空力学上の利点を「造波抵抗の軽減」としか言ってないんです。「揚力は大きく出来る」って言ってるのは誰なんですか。
          そしてこの利点は、あの程度の断面積をもつ物体を、機体前後軸上のあの位置に置いた結果……つまるところエリアルールの成果であって、胴体につけるか主翼から生やすか、主翼の上か下かという問題の成果ではないわけです。
          それと、ホンダエアクラフトとボーイングがどこで共同で初期研究してたんですか。調べた範囲では見つからなかったのでご教示ください。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            その程度の事もわからない奴が言ってたのか・・

          • by Anonymous Coward

            >ホンダエアクラフト自身が、あのエンジン配置の航空力学上の利点を「造波抵抗の軽減」としか言ってないんです。「揚力は大きく出来る」って言ってるのは誰なんですか。

            当時ホンダエアクラフトで流体構造の設計をしていたエンジニアの方ですよ。今は東京流研と言う会社を作って独立されているその筋では有名な方。一時、盛んに講演活動をされていて、この関連の話は持ちネタ化しており、流体関係のセミナーで同じような話を何度もされていましたけど(私は2回はきいた)聞いたことありませんか?
            あと「自分が聞いたことがない」を「としか言ってない」と変換するのはどうかと…

            • あちこちで話してる話のネタがソースってのは一番ダメなやつですよ……何遍も話すうちにその中に真実ができちゃうやつ。AIAAに出したペーパーにも載ってないこと語ってるじゃない。
              あと、風洞借りただけのことを共同研究とは言いませんからね、普通。アメリカのどこかと提携して研究してたのは事実だけどその相手はミシシッピ州立大でボーイングじゃないし、本当にボーイングと共同研究してたならホンダはその歴史を隠して自主開発だって言い張る企業になっちゃう。もうこの時点で講演向けに事実関係がごっちゃになってるじゃないですか。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                >あちこちで話してる話のネタがソースってのは一番ダメなやつですよ……

                まったくダメじゃないですよね。重要なのはただ一つ「誰が話しているか」だけです。

            • by Anonymous Coward

              最近は、Webで公開されてる情報、検索エンジンで見つかる情報がすべてと思ってる方が増えてますので。

              検索して信頼できる肯定情報が見つかった場合は、強い肯定。
              検索して信頼できる否定情報が見つかった場合は、強い否定。
              検索して信頼できる情報が見つからない場合は、どちらとも言えない。

              これが普通だと思うのですが、Webがすべてと思ってる方は、3番目の結果を自分の好きなように解釈してしまいます。

              • by Anonymous Coward

                ついでに「反対意見について検索する」ことをしないからデマサイトにころっと騙されるんだけどな

                # ネットで片っ端から検索する奴ほど「情弱」の割合が増えてきてる気がする

              • by Anonymous Coward

                まぁ今のご時世、反対するだけ(根拠も意見もゼロ)のノイズも拡大されちゃっていますからねぇ

          • by Anonymous Coward

            推測だけど、ボーイングの風洞借りた?時に、現場の人間同士で語り合ったときに何らかの収穫あったからそう言ってるのではないかな?と思う。

            技術論文のリンクは貼っとく。
            http://jp.hondajet.com/gallery-and-downloads/technical-papers [hondajet.com]

      • by Anonymous Coward

        だからパイロンで翼から距離を離しているんでしょうね。

    • by Anonymous Coward
      • by Anonymous Coward

        > by space-warrior (47281) 中立 on 2015年12月26日 22時02分 (#2941160)
        >
        > 揚力発生面にあんなゴミ置いて揚力大きくなるとか、どこの航空力学だ。

      • by Anonymous Coward

        ざっといくつかの飛行機を見てみましたが
        STOLや複葉機だと、翼上(そして前方)にエンジンを設置するケースが多いようですね。

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...