パスワードを忘れた? アカウント作成
783432 story
アメリカ合衆国

アメリカの太陽光パネルメーカー・ソリンドラが経営破綻。 70

ストーリー by headless
破綻 部門より
KAMUI 曰く、

米国第3位のソーラーパネルメーカー、Solyndraは8月31日、連邦破産法第11条の適用を申請することを発表した。同社の全従業員1,100人は即日解雇されたという(ニューズウィーク日本版の記事WSJ日本版の記事本家/.)。

同社は2009年に米エネルギー省から5億3,500万ドルの融資保証を受けており、多くのベンチャーキャピタルから計10億ドル以上の出資を受けていた。昨年5月にはバラク・オバマ大統領がカリフォルニア州フリーモントの同社工場を訪れ、再生可能エネルギーへの期待を表明する演説をしている。しかし、米国のソーラーパネルメーカーは価格の安い中国メーカーに押されており、8月中旬にはSpectraWattとEvergreenが相次いで連邦破産法11条の適用を申請するなど、経営破綻が相次いでいる。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by northern (38088) on 2011年09月04日 13時47分 (#2014171)

    中国、止まらぬ過剰生産 ビタミンからテーマパークまで
    http://www.nikkei.com/news/topic/article/g=96958A9C9381959FE2E0E2E7988... [nikkei.com]
     中国であらゆる製品が余り出した。ビタミン、太陽電池、鉄鋼、テーマパーク……。供給過剰から価格が下落し、各業界とも共倒れに陥っている。中国政府はあの手この手で生産拡大に網をかけるのだが、企業の野放図な過剰生産は止まらない。

     中国政府は8月、新たに大規模なテーマパークを建設しないよう通達を出した。上海市が「ディズニーランド」の誘致に成功すると、中国各地にテーマパーク建設ブームが広がった。
    --
    また世界不況から第3次世界大戦とか歴史が繰り返さないといいのですが

  • by realloc (27431) on 2011年09月04日 12時30分 (#2014135)

    製品PV [youtu.be]を見る限りでは設置が楽そうだけど、製造に手間がかかるっぽい。

  • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 11時58分 (#2014117)

    適正な利益も得られて現実的に継続していけるのは原子力しかないんじゃないの?現状。
    東電バッシングとか原発バッシングはもういい加減にしてくれって感じ。

    • by flied onion (36971) on 2011年09月04日 12時24分 (#2014129) 日記
      家にとりつける部品としてではなく、国土内にある程度の広さを買い上げるため、日本の電力会社や建築業界としては仕事を取りやすいかもしれません。

      ただ太陽光発電ユニットと原子力発電所を同列に比較することに意味はあるんでしょうか?

      # 家庭やビルの屋根の上に設置できる原発が売りだされてから比較すればいいかもしれませんね。
      --
      # yes, fly. no, fry.
      親コメント
      • by d02 (43010) on 2011年09月04日 13時04分 (#2014149)

        >ただ太陽光発電ユニットと原子力発電所を同列に比較することに意味はあるんでしょうか?

        まぁ、生物的制限と経済的制限があったりして、その枠内で収まりやすいのは
        どちらか?ということで同じ定規で計らないと、採用すらされません。
        そして、同じ定規の前にならぶことで、ある尺度で計られるわけですので、
        同列に比較する必要があるだけでしょう。
        もし、ぜんぜん違う尺度でいうならば、その尺度で他との比較、そして、他が
        持っている・テストされていた尺度での比較も必要になるわけなんですな。

        そういったことをして、人ははじめて優劣を言えるわけです。
        それがないのは、単なる好き嫌いです。

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 12時24分 (#2014130)

      将来的には再生可能エネルギーへ転換していくことが望ましいかもしれませんが、現段階においては、安全対策を講じながら原子力発電を運転していくことが必要であると考えます。 そのことが日本の経済維持発展に大きく寄与するものと考えます。 日本全体が元気を出して、生産や経済を回さなければならない中、電力不足は絶対にあってはならないことです。 発電所の安全対策を強化し、徹底した監視のもと、早く原子力発電を再開すべきと強く要求致します。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 15時08分 (#2014203)

        交通事故で年間5000人もの死者が出ていても、日本の社会はそれを許容している。
        自動車が無くなったら生活が成り立たないということをよく理解しているからだ。

        一方の原発、というか電力供給に、未だ多くの国民は恩恵を実感してないね。
        今はまだ羹(あつもの)に懲りてなますを吹いているようなもの。
        身体の弱い子供や年寄りが電力不足を理由にどんどん死んだり、製造業の空洞化に伴う失業、生活レベルの低下を味わえば、少しはまともな判断をするようになると思うよ。
        製造業の海外移転は電力不足が主因じゃないだろうけどね。

        まあ、2-3年は諦めて待て。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          人間というものは、なかなかインフラの恩恵を日々実感して感謝することはできないものです。
          上水道でも、断水したり、汚染されたりしたときに、初めていつでも捻れば飲める水が出てくることに有難味を感じるようになります。

          原発も同じですね。ただし不幸なことにマイナスの意味で。
          ちょっと前まで多くの国民はリスクを実感することがなかったわけです。

          ちゃんと安全に運用してもらっているから日々心配するようなことはない。
          何百年に1度の災害でも来ない限り問題はないし、まあ自分の生きているあいだにはそんなことはないだろう。
          なんだかこういうことを、消費

      • by Anonymous Coward

        たとえ徹底的な監視や安全対策をやったとしても、絶対に事故が起こらない前提で進めるのは不健全です。
        地震でもテロでも、いろいろと監視、安全対策でカバーしきれないものはあるでしょう。
        起こったときの想定もなく、対処ができずに今回のようにおろおろするのが一番いけません。
        原子力発電の継続は、たまにボカンといくことを想定した上でやってほしいものです。

        たまにボカンといくことを想定済みだからこそ、東京に作らないってのは、まあそうなのですが。

        • by Anonymous Coward

          でも、実際に日本でやっていた原子力発電の安全対策って「事故は起きない」と言う事に縋る言霊主義だよね。
          福島第一の事故が起き、さらに現在進行形で被害拡大中の今でさえ、実際にどう安全性を確保するかの効果の見込める具体的な対応はそっちのけで、大丈夫だ問題ない、残りの原発では事故は起きない、それより電力不足が起きると云々って言霊主義でやりあってるだけ。スラッシュドットでもね。
          とても「事故は起きる」という前提で議論が行えるとは思えないな。

        • by Anonymous Coward

          科学的データに基づいて、今回の福島原発事故の事象の要因は津波であるとの国からの説明がありました
          各電力会社では「緊急安全対策」に加え「シビアアクシデント対策」を実施しているとの新聞報道がありましたが、安全対策については十分に実施されており、発電を再開することについて全く問題はないと思います
          国も「発電再開しても問題ない」と示しているにも関わらず、何故発電再開が出来ないのでしょうか

          • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 14時20分 (#2014184)

            安全対策が十分に実施されていれば安全というわけではありません。
            残りのリスクをとれだけ受容できるかという話はできているものでしょうか。

            それとも、自然災害による事故が起きても、電力会社が「十分な安全対策の想定外でした」
            と言っちゃうようなことは、もうこれからはないのですかね。

            >国も「発電再開しても問題ない」と示しているにも関わらず
            国(の誰?)の示すことが何かの保証にはならないと感じている人が多いのではないでしょうか。

            親コメント
          • by Anonymous Coward
            「絶対大丈夫」という神話が壊れたんだから、国の言っていることに信頼感がなくなっちゃているんですよ。 逆にいえば、今回の地震で問題が生じなければ、今以上に原発は推進されたでしょうね。残念でした。
        • by Anonymous Coward

          事故対策とは東京に作らないこと、くらいは思ってるかもしれませんね。

    • by Anonymous Coward

      確かに電力会社側は適正(=楽して)利益を得られてるんだろうけど、
      消費者側はゲロが出るほど不利益喰らってるだろ。

      なんて、立て読みにマジレスする俺

    • by Anonymous Coward

      東電はともかくも、他の電力会社バッシングは更に不条理だよな。

    • by Anonymous Coward

      このストーリー読んで何を思ってその結論に至ったの?
      中国で製造した安いパネルで発電すればばいいだけじゃないか。
      メモリ、洋服、自動車、家電等と同じ

      • by Anonymous Coward

        で、10年後に中国は太陽電池パネルの輸出規制を始める訳ですね。

        • by d02 (43010) on 2011年09月04日 12時34分 (#2014136)

          爆発しないパネルの必要性

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          その前に日本が関税しかけて国内ソーラーパネル企業を守ったり・・・する?

          # いろいろ自信ない。
        • by Anonymous Coward

          エネルギー不足の彼の国のことだから、10年もかからなかったりしてな。
          人民の命の値段も上がってきて、10人程度の炭鉱事故でもニュースとして伝わってきているくらいだから、
          石炭火力も見込めなくなるし。

          中国は諸外国に比べてレアメタルやレアアースの埋蔵量で勝っている訳ではないからな。
          中国の国内需要を考えたら、レアメタルやレアアースなんていつ輸入側にまわるかわからんぞ。
          寿司ネタ同様、日本は買い負けるかもしれん。

    • by Anonymous Coward

      そう?放射性廃棄物の管理考えると、高くつきませんか?

      • by Anonymous Coward

        パネルの廃棄コストは考えなくても良いですか?

        • by Anonymous Coward

          その前に、使用するレアメタル採取時の環境破壊と廃棄物処理コストも。

        • by Anonymous Coward

          別に使い捨てしなければいけないわけじゃなし、リサイクルも可能でしょ。仕組みさえ出来れば効率もよさそうだし。
          ところで、パネルの寿命ってどれくらいなんだろね。保証は10年くらいらしいけど。
          扱い自体も放射性物質よりは安全でしょ

    • by Anonymous Coward

      事故時の補償金やら使用済み燃料の処理費用を算入せずに適正な利益といっても
      それはズルではないのかと思います。

      • by Anonymous Coward

        全ての要素を本気で計算すると、原子力が太陽光や風力に圧勝してしまうので、
        反原発派は具体的な数字を出さずに、感情に訴えるんですね。

        • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 13時26分 (#2014161)

          例えば自然エネルギー推進派でも
          環境エネルギー政策研究所 飯田哲也氏 のように
          「自然エネルギーは初期コストを払えばあとはランニングコスト0なんですよ!」
          みたいな大嘘を言う人もいます.
          (点検・整備・修理などのメンテナンスとか,経年劣化とかは…)

          原発推進派と同程度に出鱈目なんだよね…

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            あくまで原発より太陽光発電の方が維持廃棄費用が安上がりだと言いたいがためのキャッチコピーみたいなものであり、多少の誤りが含まれるのは仕方が無いと思うけど。

            揚げ足取りしたあげく、以下のように言い切るのはどうかと思うが。本当に同程度なの?
            >原発推進派と同程度に出鱈目なんだよね…

        • by Anonymous Coward

          仮にそれが事実なら、すべての要素を本気で計算しないのは原子力推進側の怠慢です。
          その怠慢の結果、事実よりコスト高に思われたなら、推進側の本望だと思います。
          →反対側はコスト高と思って全く問題ない。

        • by Anonymous Coward

          太陽光や風力発電を否定するわけではなく、推進することも必要
          しかし太陽光や風力発電は天候に大きく左右され、利用率が大変に低い
          また、火力や原子力発電に比べて広大な面積が必要になるなど、現在の技術面・コスト面から考えますと、補助的な電源にはなっても、代替の電源となり得ることは到底無理
          よって、当面は原子力発電に頼らざるを得ない

          • by Anonymous Coward

            需要に合わせて発電量を動的に制御できないという点では原発も自然エネルギーも似たようなもの。現に原発も揚水式発電所という蓄電池の補助を必要としてます。

            用地確保の問題も今後は住民の反対が強まるので困難になるでしょう。都内に原発を作れば地産地消で送電ロスも少なく他地域にも迷惑をかけないので良い事だらけなのですが、なぜ実現しないのでしょうか?

            • by Namany (19002) on 2011年09月05日 11時06分 (#2014487) 日記

              需要に合わせて発電量を動的に制御できないという点では原発も自然エネルギーも似たようなもの。現に原発も揚水式発電所という蓄電池の補助を必要としてます。

              「制御できない」ではなく「制御していない」が正しいんじゃない?
              日本ではリスクを考慮して負荷追従運転やっていないというだけで、技術的には可能。

              あと、自然エネルギーとしての決定的な違いは安定・大出力という特性だね。
              確かに日本では原発で発電量を動的に制御していないけれど、一定量の出力を維持し続けることができている。
              これは太陽光やら風力にはできないことだよ。

              都内に原発を作れば地産地消で送電ロスも少なく他地域にも迷惑をかけないので良い事だらけなのですが、なぜ実現しないのでしょうか?

              今回のような事故が起きた場合の被害が大きくなるからでしょ?
              大なり小なり事故はおきるんだから、その被害を小さくするために人口が少ないところを選ぶのは当然だよね。
              立ち退いてもらうにもコストが桁違いだし。

              親コメント
      • by Anonymous Coward

        何を言ってるか理解できないけど、

        電力会社は、発電所などの設備や燃料から事故の補償金などの費用全てに、

        適正な利益を乗せて電気料金を決める(認可申請する)ことが出来ます

        • by Anonymous Coward

          できないとはいってないよ。やってないっていってるだけ。
          廃炉費用・使用済み燃料管理費用・賠償費用。
          全部盛り込んで適正な利益だったなら、財政面の国の支援なんて必要ないはずでしょ?

        • by Anonymous Coward

          おっしゃる通りです。
          使用済み燃料の無害化のコストと事故時の補償のための積立も入れて
          それに適正な利益を乗せて電気料金を決めてほしいものです。

    • by Anonymous Coward

      最初から利益を上乗せした価格で押し売りを現実的に継続していけるのは原子力しかないんじゃないの?現状。
      押し売りできない太陽光発電バッシングとか風力発電バッシングはもういい加減にしてくれって感じ。

      • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 13時22分 (#2014158)

        電気代だけでコストを賄おうという気がなければなんだって選べると思います。
        原発だってそう。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          電力が不足していては、今までのような文化的生活が営めない
          猛暑や厳冬で犠牲になるのは、弱者である子供や年配者の方であり、原子力の運転再開は絶対に必要
          電力会社の方には、万全な安全対策をくれぐれもお願い致します

          • by Anonymous Coward

            なんで急に慈善家のようなことを言い出しているのか。
            放射能で犠牲になるのも弱者でしょ?
            それに今年の猛暑、原発なしでもいけたじゃん。

            • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 16時40分 (#2014243)

              > それに今年の猛暑、原発なしでもいけたじゃん。

              短期的に自分の生活範囲を見ればそうなんですけど、産業がどれだけダメージを受けたかは、これから明らかになっていくんじゃないでしょうか。

              今年の夏で一番印象に残っているのは、7月1日に電力の制限令が実施されて一気に電気予報の予想%が下がったんですよね。ああ、やっぱり産業界が電気を使ってるんだな、と実感した日でした。

              産業が困ると、後で社会全体にジワジワと影響が出てくると思うのですよ。結果的にもろもろ含めて「大丈夫だったよ」となれば一番いいですけどね。

              親コメント
              • Re:やっぱ (スコア:2, おもしろおかしい)

                by Anonymous Coward on 2011年09月05日 6時54分 (#2014419)

                輪番休日のせいでプライベートの予定が滅茶苦茶にされたのでもううんざりです。東京ゲームショーにもいけないし。
                動かせるものを動かさないで節電に協力するなんて真っ平御免だから冷房はがんがん使ってるけど。
                産業界も節電なんかしないで大規模停電を起こしてしまえばよかったんだ。そうすれば「何とかなる」という阿呆な認識も消えたはず。

                親コメント
            • by Anonymous Coward

              そりゃあ、そこら中の電気消しまくりましたからね。

              エレベータやエスカレータを止めたことで、人件費がムダになったり、足の不自由な人が不便でも良いのでしょう。
              照明を減らしたせいで、弱視の人が困っても問題ありませんね。
              冷房を止めたり弱めたりして、オフィスの生産性が落ちても、誰も困らないのでしょう。
              土日や夜に工場を動かすせいで、子供と遊べなかったり、休めない会社が出ても関係ないですよね。

            • by Anonymous Coward

              >それに今年の猛暑、原発なしでもいけたじゃん。
              東電管内だと新潟の原発が4台動いてましたよ?
              それもとめてたら15%制限でもアウトでした。

  • そういえば、似たような名前のエレベータ会社があったな

  • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 15時48分 (#2014222)

    これは日本のメーカーでも無視出来ない動きでしょう。
    今後大規模なソーラー発電設備が導入されることになると思いますが、大規模になれば初期投資もバカにならないし、性能が少しぐらい低くても安い製品を導入することになる可能性が高いです。

    日本メーカーは品質は良いのですが、日本の家庭向けがメインだった為に、大規模&格安の製品が不足していて、今後中国メーカーとの競争はキツくなってくるでしょう。

  • by Anonymous Coward on 2011年09月04日 16時17分 (#2014235)

    太陽光パネルという時節柄相応しい商品を製造する、しかも国の支援を受けているメーカーですらやっていけない世の中って恐ろしい。それじゃあ我々はこれから何で食っていけば良いのかわからなくなってくる。これが自由経済社会の残酷さというものなのだろうか?

  • by Anonymous Coward on 2011年09月05日 7時36分 (#2014426)

    地上設置ソーラー:採算取れない。
    原子力:危ない。事実上後始末できない。
    水力:それだけをメインにするほどのパワーは無い。発電と言うより蓄電に近い性格の物。
    石炭・石油火力:原子力より危ない。(たまに起きる原発事故の犠牲者より世界中で起きる石油争奪戦争の犠牲者の方が遥かに多い) あとCO2出すぎ。
    ガスタービン:火力より効率悪い。その他は火力と同じ。
    風力:不安定。設置面積食いすぎてメインには出来ない。
    他国から受電する:安全保障上論外。それを抜きにしても問題を他国に押し付けただけ。
    地上設置太陽光:採算取れない、意外とランニングコストが嵩む(汚損による効率低下を防ぐためにこまめなメンテが要る)

    静止軌道に太陽光発電プラントでも打ち上げて地上にマイクロウェーブ送電でもしたらどうだろうか。受電施設をどこに建設するか悩ましいけど。
    HTVで何回かに分けて低軌道に資材を運び上げて組み立て(静止軌道へ遷移させるためのロケットも一旦低軌道まで持って行く)->再加速させて静止軌道に、で打ち上げ自体は出来そうな気がする。地上と違ってパネルが汚れて効率低下とかは無いだろうけど故障したときは難儀ですかね。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...