パスワードを忘れた? アカウント作成

デビュー11年で今なお日産リーフのバッテリー火災がゼロとする説」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    むしろ発火事故の有無を誰も把握してないのかよって不安になってくるんだが

    • by Anonymous Coward

      「バッテリーが原因」という意味の定義によるから曖昧な言い方になる。

      車両火災はユーザーの整備不良原因なことが多い。例えばHIDランプに自分で交換したときに配線の固定が中途半端でショートして発火など。

      自動車の鉛蓄電池はショートさせると大電流流れるけど、リチウムイオン電池の方がさらに多くの電流が流れる。
      これは言い換えると、固定が外れて剥き出し空中配線になってしまって、たまに配線がぶつかってショートする・・・そんなときに発火する可能性はリチウムイオン電池の方が高いということ。

      つまり整備不良原因の車両火災であっても、鉛蓄電池であれば起きなかった事故がある(かもしれない)し、そうであればそれは「バッテリーが原因」(短絡保護回路が理想的に動作すれば起きなかった発火)といえなくもないけど、今回はそういうのは「バッテリーが原因」に含めていない。

      • by Anonymous Coward on 2021年11月23日 14時37分 (#4157431)

        > 自動車の鉛蓄電池はショートさせると大電流流れるけど、リチウムイオン電池の方がさらに多くの電流が流れる。
        ガソリン車は12V鉛電池の電圧がヒューズ通る程度でほぼそのまま各所に供給されてるけど、
        リチウムイオンバッテリー採用EVでは給電回路通してからの供給じゃないかね?
        でなきゃ電源線にノイズブチ込むだけで電池が過電圧になって即死しかねんと思うのだが。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...