パスワードを忘れた? アカウント作成

Raspberry Piで最も多い故障箇所は電源ぶつぎりによるSDカードの故障」記事へのコメント

  • 書き込み中に電源切る使い方なんか他の機器でやらないのに
    ラズパイだと雑になっちゃうのか、そもそも知らないのか

    • by Anonymous Coward

      そもそも知らないのか

      これに尽きる。組み込み機器の宿命だね。

      再起動は復活する魔法だから、調子が悪い(ネットワークが原因)からと電源強制OFF(運悪く書き込み中)されるとか。
      営業終了後はブレーカーでぶち切りされるとか。

      パソコンでなく、照明みたいな意識になるのかもしれない。
      照明をリモコンでオフにしてから、壁スイッチをオフにするみたいな面倒臭さ感。

      • by Anonymous Coward

        まともな組み込み系ならクリティカルな部分のストレージへの書き込みは二重化しといて訂正符号で書き込み正常にできたかを次回起動時に確認する物では

        #ラズパイがまともな組み込み系ボードじゃないと言われればそうなんだけど

        • 『データ書き込み中の電源のぶつ切り』に対して、

          クリティカルな部分のストレージへの書き込みは二重化しといて訂正符号で書き込み正常にできたかを次回起動時に確認

          は、筋が悪そう。

          • by Anonymous Coward

            筋が悪いとはどこが?

            98のデフラグソフトのノストラダムスはそういうメカニズムで安全性を確保していたとういう
            インタビュー記事を当時読んだことがある。
            その上でデフラグ中に電源ケーブルを抜くテストを何回もしてデータが壊れないことを確認していたとさ。
            (DOS上で動くのでファイルシステムはもちろんFAT)

            • by Anonymous Coward on 2021年01月09日 17時43分 (#3955924)

              Raspbianで実現するなら、ファイルA/B作ってみたいな感じでいけるかもしれないけど、
              microSDの内部で書き込み中の電断復帰時にどんな復帰処理がされるかの問題が。
              この辺がFDDや昔のHDDとFlashメモリデバイスの違う所かな。

              最悪、ファイルシステムの一部や管理テーブルがセクタでなく、ブロック単位(4KiBとか8KiB)で吹っ飛んだり化けて、起動不可みたいな事になる。
              実際起動しなくなってるのが今回の電断テスト事例だしね。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...