パスワードを忘れた? アカウント作成

富士通、親指シフトキーボードやOASYSの販売およびサポート終了」記事へのコメント

  • 昔はOASYS使っていたので、一応打てるんだけど
    ・同時打鍵というのが速度が上がってくるにしたがって足を引っ張る
    ・日本語だけでなく英字を打つことも多いのでローマ字の方が親和性がある
    ・ローマ字になれると例えば「な」なら意識しなくてもnaって叩いてる
    というのがありすっかりローマ字入力に適応してしまった。
    というか最近PCとか始めるのにブラインドタッチ覚える人ってほぼ100%ローマ字ですよね

    • by Anonymous Coward

      >> ・日本語だけでなく英字を打つことも多いのでローマ字の方が親和性がある

      JIS仮名も親指も体験したけれどほんとこれ。
      事務的な文書ならいいが、技術文書ましてやプログラムなんか書けたもんじゃない。

      • by Anonymous Coward

        >> ・日本語だけでなく英字を打つことも多いのでローマ字の方が親和性がある

        JIS仮名も親指も体験したけれどほんとこれ。
        事務的な文書ならいいが、技術文書ましてやプログラムなんか書けたもんじゃない。

        富士通が出してた親指シフトキーボードには英字も刻印されており、モード切替でアルファベットが入力できましたよね。
        なのにどうしてローマ字入力の方が親和性があるのでしょうか?普通のJISキーボードを使う場合でも英字を入力するならモード切替は必要ですし、打鍵の手間としてはあんまり変わらないと思うのですが。

        私はむしろJISキーボードで英単語を入力しつつ、日本語をローマ字で入力しようとするとアタマが混乱します。
        英単語はスペルをそのまま打鍵できますが日本語入力

        • by Anonymous Coward

          ローマ字かな変換に慣れている人は、なにもアタマの中で置き換えていなくて、
          「わ」(という指の動き)、「た」(以下同様)……と、

          「そのまま」

          打鍵できているのです。

          なので、日本語と英語で混乱することもなく、英語の中にローマ字つづりの日本語を混ぜる
          時にも混乱しません。

          「結局のところ慣れの問題」ということにはまったく同意です。

          自分の慣れている方法によって効率的に入力できるのは、「慣れているから」であり、
          その方法が「より直観的」だからではないだろうと思います。

          • by Anonymous Coward on 2020年05月21日 7時57分 (#3819084)

            でも、ローマ字入力してると、「だ」(D A) と打つべきところで「た」(T A) と打ってしまう
            みたいに、濁音や半濁音が清音になったり、逆に清音が濁音になってしまったりすることがあるよね?
            あれってどういうメカニズムで発生してるんだろう。

            個人的には、少なくとも手書きでは、濁点や半濁点を忘れることはほとんど無いので、
            仮名入力みたいに、清音+濁点のような入力の方が、脳の処理に合っているのではないのだろうか。

            • ないねえ。
              「だ」を打とうと思ったときには、「た」を意識することなく、ただ「D」「A」と打ってる気がする。

              なお、スマホのフリックでは、濁音と半濁音の文字修飾をよく間違える。

              「メカニズム」が汎用的にあるのではなく、人それぞれにクセ、考えかた、習慣があるだけなんでは。

            • by Anonymous Coward

              親指シフトでも、濁音や半濁音と清音を間違えることはあるよ。

              英語キーボードの場合、空白キーを左右共通の親指キーにして、
              濁音や半濁音は後付けで入力する。濁音や半濁音のときだけ
              2ストロークになって入力のリズムが乱れるので、個人的には
              英語キーボードでの親指シフトはあまり好きではないけど。

            • by Anonymous Coward

              > ローマ字入力してると、「だ」(D A) と打つべきところで「た」(T A) と打ってしまう
              それは無いなぁ。

              個人的には、手書きではひらがなで書くつもりが不意にうっかりカタカナで書いてしまうことがよくある。
              一文字だけカタカナが出てきたりするので怪文書的になってしまう。

              • by Anonymous Coward

                ひらがなで書くつもりがうっかりカタカナで書いてしまうのは、
                親指シフトでもたまにあります。
                これって、むしろIME側の問題というか仕様ですね。

              • by Anonymous Coward

                無変換キーを使ってないの?
                未確定状態で無変換連打で全角かな→全角カタカナ→半角かな→半角カタカナ(だったかな?)ってトグルするのに。
                MSIMEもずいぶん前から全角かな→全角カタカナ→半角カタカナってトグルする。

            • by Anonymous Coward

              わかります、私もそれなります。

              キーボードは最初からローマ字入力しかしたことないのに、ちょいちょい清音で入力してしまいます。
              かな入力の人の間違いみたいに。

              子供のころに覚えたひらがなの五十音表がいつまでもベースに残っているのでしょうか。

            • by Anonymous Coward

              > でも、ローマ字入力してると、「だ」(D A) と打つべきところで「た」(T A) と打ってしまう

              いや、そういうミス聞いたこともないぞ
              そういう人がいるの可能性までは否定せんが、、、、
              いてもレア中のレアだろ

            • by Anonymous Coward

              脳の病気ではないかな?

              いやうそうそ、自分もそれわかるんだけど。うそというか、実質病気じゃねとも思うんだけど。バグじみてる。

              単なる老化か、タイピング経験が蓄積し過ぎるとそうなるのか分からんけど、若い頃は有り得ないtypoだったのは確か。
              昔はタイプする指の位置がズレるとかタイプが前後するとかだったのが、今は間違った位置に指が動くケースのtypoを己に見掛けるようになった。
              でやっぱり、全く無関係の文字じゃなくて濁音が清音になるとかそういう間違い方をする。

              今度起きたら傾向を調べてみるかな・・・

              • by Anonymous Coward

                老化ではなく、フリック入力の後から濁音付ける作業が識閾下で影響してる説を推す

            • by Anonymous Coward

              私もよくやります。

              手書きの場合はベクトルデータで「た」より「だ」の方がデータが大きくて区別が容易なのに対し、タイプの場合はイメージ(またはコード)で「た」と「だ」の距離が近いので間違っているように感じます。

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...