パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Intel CFO曰く、プロセス技術でライバルからの遅れを取り戻すには2021年の終わりごろまでかかる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2020年03月08日 10時03分 (#3775165)

    何月まで予定してるんだろうか?

    • by Anonymous Coward

      もう先が無いからね
      歩みは亀よ

      • by Anonymous Coward

        コバルト含有半導体の奴さえうまく行っていれば脆弱性とかあっても後付けの対策でなんとかなっていたのだと思う

        • by Anonymous Coward

          コバルトは半導体ではなく、配線=導体で使う材料です。

          • by Anonymous Coward

            ネタだとおもうけど、一応釣られますが
            配線も半導体の一部になります。

            • by Anonymous Coward

              ネタだとおもうけど、一応釣られますが
              配線に使うのは導体ですよ。

              微細化に伴って昔はアルミ、今は銅、次はコバルトになるって話です。

            • by Anonymous Coward

              もしかして、半導体=ICという意味で使ってますかね?
              半導体とはシリコンとかゲルマニウムとかの物質の事ですよ。

      • by Anonymous Coward

        ゼノンのパラドックス、アキレスと亀の逆パターンかな。
        アキレスの居る場所まで亀は1~2年で追いつける、
        でもその時にはアキレスはもっと先に進んでますよ。

        • by Anonymous Coward

          パラドックスの逆のパターン、ってそれ単なる正論ですがな

    • by Anonymous Coward

      2016年のカレンダーですね
      もちろん12月までですよ

    • by Anonymous Coward

      将来2xxx年までしか予定されていないIntelのカレンダーが発見され、世界滅亡の根拠にされるくらい?

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...