パスワードを忘れた? アカウント作成

「メモリの使用量を減らす」というソフトウェアに効果はあるのか」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    空きメモリのサイズを見て安心するのって、DOSの頃の感覚だよね。

    今どきはメモリ圧縮もやってるし(Win10-1511以降だっけ?)、
    使用頻度の低い領域の占有サイズなんてたかが知れてるだろうに。

    ページアウトもされておらず、圧縮もされてないなら、これで強制的に
    メモリ空けてもすぐ読み込まれて一時的な効果しかないんじゃないの?

    • by Anonymous Coward

      20世紀の頃だと*BSDにせよLinuxにせよ、メモリやらセキュリティを考えて
      使わないドライバーは読み込まないようカーネルを作り直してたけど
      いつの間にかgenericでいいかあと堕落した自分ならここにいる。

      DOS時代はコンベンショナルメモリをどこまで空けられるかで
      いったい何日ぐらい無駄な努力をしてたっけ…

      • by Anonymous Coward

        コンベンショナルメモリを必要以上に空けるのはパズルのような感覚で楽しんでいた人だけでは?

        • by Anonymous Coward on 2020年01月09日 13時00分 (#3742798)

          必要以上にというか、追い出せないもののために、余裕のある時に
          追い出せるものは予め追い出しておきたいって感覚だったんじゃないかな。
          その時になって慌てて試行錯誤するより安心できるし。

          使える領域に制限があったり搭載できるメモリの上限が低かったり
          メモリ自体が高価だったりした時代の感覚。

          で、その感覚を未だに引きずってるような人たちが、この手のもので
          必要以上に空きメモリ増やして安心を得てるイメージ。
          デフラグ画面を見てると心が落ち着くのと同じかな。

          昔は自分でやらなきゃいけない事だったけど、今はOSが勝手にやってくれるし、
          昔は空きメモリがある方が動作が安定してたけど、今はメモリを遊ばせておくよりは
          何かしら有効活用しましょうって方針だし。プリロードなりキャッシュなりで。

          メモリを空けておいたところで、使わなければただの無駄だし、必要になれば
          勝手に確保してくれるわけで、ユーザが自分でやる意味ってあんまりないんだよね。

          プログラムだって、昔は少々?コードが見づらかろうが速くて小さいが正義だったけど、
          今は保守性優先で多少遅かろうがデカかろうが見やすくて再利用しやすいコードの方が正義。
          最適化なんかは全部コンパイラにお任せで。

          ーーー
          MSが配布してるResource Kit Tools [microsoft.com]にempty.exeってあるけど、それと似たようなもん?
          ググるとやたらこれ使って「空きメモリを増やして軽くしましょう!」的な記事が見つかるけど。

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...