パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

北海道電力、30年以上にわたって泊原発の放射性物質を実際より少なく算定・報告していた」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    東日本大震災の時も思いましたが
    学者「これはアブナイ」
    役人「なに!あぶないなら全部とめる!」
    学者「止めろとは言ってない。危ないことになる可能性はある」
    役人「、、、、、えーと、、、、」
    ばかん「もう全部止める」
    みたいな流れがあほらしいと言うか、基幹インフラの扱いとは思えないというか。

    日本に限らず、どこでも「よくわからない」「これから考える」で運用してる世界。
    だからやめろじゃなくて、どうにかしよう、正面から対策考えようという方向に行ってほしいですね。

    • by Anonymous Coward on 2019年12月28日 11時28分 (#3738225)

      その認識は全然違うよね。

      アメリカ様「核開発を正当化するため原発を推進。被爆国の日本で原発推進させよう」
      日本の政治家「石油ショックを理由に原発を推進しろ」
      役人「被爆国の日本では放射能アレルギーが強い。いうこと聞く学者に擁護させよう」
      御用学者「原発は安全。津波?そんなのないない」
      電力会社「津波対策?万全だよ。(って言っておこう)」
      3.11東日本震災。原発の電源喪失。
      御用学者「うわわわ。どうすりゃいいの。わかんねー。どうしようもない」
      結局、現場の所員たちが命がけで危機を超える。
      政治家「学者たちに騙されてた。いったん全部止める」

      そして御用学者を排除したが、政権が代わったらまた原発御用学者を再結集して推進。

      この流れ、マジでバカバカしい。

      親コメント

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...