パスワードを忘れた? アカウント作成

Microsoft、75.6GBのデータを石英ガラスに記録することに成功」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年11月08日 22時47分 (#3713201)

    スラドでも話題になってましたね。
    その時のコメント [srad.jp]が妙に記憶に残ってる。
    すごく面白いと思ったのにおもおかのスコアは1しかない。

    まぁ色々違うんだろうけど、実用上大差はない。
    数GBって容量がとにかくのこりゃええ訳で。
    しかし残る時は残るが簡単に壊れるって話なら、どう使うのが正解だろう。

    • 恒星間航行の無人機で、数億年後何かしらの知的生命が生まれる/見つける可能性を考慮して数個積んでおく。
    • 数百種類程度を何百万枚コピーしておく。同じものってのは分かるだろうし、一つくらいは生き残ると期待できる。

    的な感じか。
    目がある生き物なら読める程度の解像度や記述言語から徐々に複雑にしたものをたくさん用意しておけば、いずれ技術が発展して一番細かいのも読んでくれるようになるかもしれない。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      しかし残る時は残るが簡単に壊れるって話なら、どう使うのが正解だろう。

      普通にコールドストレージ用途として有用なんじゃないかな?
      一旦記録したら二度と書き換えない用途に限定されるけど

      ・テープと同じで電力は食わない
      ・テープとは違い、ランダムアクセス可能
      ・HDDやSSDとは違い、百年単位で持つ
      ・記録媒体とドライブが分かれているためドライブが壊れてもデータが壊れにくい

      デメリットは当然、

      ・ライトワンス
      ・アクセスするデータ毎に記録媒体の交換が必要

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...