パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国海軍研究所がレーザー送電実験を実施、325mの距離で400Wの伝送に成功」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年10月30日 12時59分 (#3708475)

    赤外線レーザーの変換効率だけで約20%。ここで80%ロスし、
    伝送でもかなりロスが発生し、空中のチリ埃が大敵で、
    更に光から電気への変換ロスが生じるので、
    電力の伝送手段としては、成功したとしても実現性ない。
    (他にマシなもの幾らでもあるだろう)

    どう考えても兵器目的と言えないので、偽ったストーリーにしか考えられない。

    • by Anonymous Coward

      >(他にマシなもの幾らでもあるだろう)
      ねえよ。以上

      >どう考えても兵器目的と言えないので
      #「兵器目的にしか見えない」?

      それこそ「他にもっと効率の良い兵器がいくらでもある」ので。

    • by Anonymous Coward

      兵器目的レーザーは既に試験配備まで始まってるんだが…
      何か色眼鏡をかけていらっしゃる?

      • by Anonymous Coward

        ターゲットがコーナーキューブでびっしり覆われてたらたらどうなるんです?

    • by Anonymous Coward

      赤外線レーザーはアリかも。
      波長が長いので浸透性が良いよね。
      だから可視光よりは散乱にも強いだろ。

      あと、電気に変換するのにボイラー使うって手が使いやすい。
      赤外線オンリーだとすると、太陽電池よりも太陽光発電的に使った時の効率がガッツリ上げられるだろう。

    • by Anonymous Coward

      レーザーを兵器にするにしても、瞬時に到達する利点を除くと既存兵器に遠く及ばないわけで、利点を生かすのは航空兵器迎撃ぐらいしかない。
      それもレーダーに映る兵器に対してだけとなると。迎撃ミサイル避けに発達した最新兵器には、レーザーも無理。

      ロスは問題だが、送電線が無いところに送電線を引き維持するコストと比較すれば、悪くない話になる。どう考えても民生向きでしょ。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...