パスワードを忘れた? アカウント作成

ウエスタンデジタル、2020年に容量の20テラバイトのHDDを発売予定」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    着々と一回のクラッシュで失われるデータの量が増えていく。

    • by Anonymous Coward on 2019年09月11日 19時38分 (#3684463)

      大抵のクラッシュは、不良セクタを代替する予備セクタの残存個数が尽きて限界に達したときで、その時になって初めて人は「クラッシュした」と認識するわけです。

      一撃ではなく、システム的には徐々に壊れていくものなのです。

      crystaldiskinfoみたいなの可視化ツールをもっとこなれた形で(スマホで一目瞭然みたいな)提供した方が、お互いにとってハッピーだと思いますが。

      • by Anonymous Coward

        壊れたと認識したときに交換で、何か不都合があるの?
        そのためのRAIDとバックアップでしょ。

        • by Anonymous Coward

          そういう時は、往々にしてもう一台余分に壊れて冗長性が亡くなるのだ。
          リビルドの負荷で逝っちゃったりね。

          不良セクタの発生状況をグラフにして監視してると、徐々に増えていってある時一気に大量発生することが多い。
          だから、大量発生開始の前に、不良発生ディスクは代替した方がいい。

          そういう監視ができる仕組みがもちょっと上手にあるといいよね、って話だと思うよ。

      • by Anonymous Coward
        黄色や赤の表示が出るのは当たり前じゃ無いんだぜ・・
        出無い奴は壊れるまで出ないし、7万時間経過(概ね9から10年連続通電)して更に最後に無反応に成るまで目に見えるエラーは、接続環境に拠るCRCエラーかシークエラー意外まず出なかったりする。
        ※正しこれ程の性能が出るのは店舗直販品に限る。
        通販品は直ぐに不良セクターで黄色までには確かに落ちるから。
        対処法はデフラグを止める事、続けるとあっと言う間に代替え領域を使い切ってリペア不能に陥るからね。

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...