パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

家庭向けの電力固定価格買取制度、期間満了後は買い取り価格が大きく下がる」記事へのコメント

  • 太陽光発電などの再生エネルギーの発電コストは再エネ賦課金という形で
    電気料金に上乗せする形で国民が負担しています。
    その額は年々増加して、標準家庭の負担(300kWh/月)で月額885円 [pps-net.org]となっています。
    買取単価を下げなければ、国民負担は右肩上がりに増加するでしょう。
    • by Anonymous Coward on 2019年05月27日 17時30分 (#3621974)

      8円とか7円って一切イロ付けずに他の発電方式と同等の価格でしか買い取らないってことだよな。
      再エネ賦課金って安くなるんだろうか。

      親コメント

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...