パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

家庭向けの電力固定価格買取制度、期間満了後は買い取り価格が大きく下がる」記事へのコメント

  • もともと設備導入件数を稼ぐために高い買取価格を一定期間保証しますよという制度なので、期間が過ぎれば買取価格落ちるのは当初から分かっていた話では。
    というか、関連リンクの売電価格塩漬け問題のストーリー見るとわかりますが、買取価格自体が年々下がってます。

    • by Anonymous Coward

      定額買取が終わったら安くなることはあまりにも有名なので記事の主題が良く分かんないよな
      いよいよ始まるぜ、って言うだけなのか
      こんなに安くなるなんておかしいと言いたいのか
      別業者に売るという手もありますよと、ってのがメインなのかな

      • by Anonymous Coward on 2019年05月27日 15時51分 (#3621901)

        まあ愚衆ならば「こんなに価格が落ちるなんで詐欺だ」なんて死んだ方がマシなことののたまるのだろうが、
        そんなんだれも相手にしてられないんで考慮する必要はない。
        固定買取のうちに元をできるだけとって、終了後はほぼ丸儲けってのが理想のシナリオで、
        それができたかどうかは個々の話、ってところ。
        #まあ、設備の維持費等に対する費用対効果の話はあるかな

        国策としては国民全体の負担が増えても、電気政策の将来としてはプラスになる
        #再生可能(この言い方嫌い)発電の普及による資源消費問題の軽減、発電方法の多様化による政治的不安定性の軽減等
        という見込みのはずなんで、とりあえず現状の進捗あたりを政府には大々的に宣伝してほしい。
        別にプロバガンダでもいいです。政府にも立場や都合もあるはずなんで。
        突っ込みがいろんなところから出てワイワイ盛り上がればよし。

        親コメント

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...