パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2011年からのIntel製CPUに新たなサイドチャネル攻撃の脆弱性が見つかる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    CPUをFPGAで作れば、あとからバグ発覚してもパッチで直せるのに
    もしくはASICを極限まで減らして、ほとんどの部分をマイクロコードで実装すれば、
    マイクロコードアップデートでバグが治る

    • by Anonymous Coward

      FPGAは遅いから。
      遅くていいなら、仮想環境立ち上げて、CPUもエミュレートするのはどうだろうか。
      CPUエミュレートを前提としたCPUがあれば面白そう。

      • by Anonymous Coward on 2019年05月16日 20時51分 (#3615925)

        かつて、トランスメタ [srad.jp]のクルーソー [wikipedia.org]ってx86 CPUをエミュレートするVLIWなCPUが有りましてね。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          懐かしい
          すこし違うと思いますがjava vmなんかもエミュレート前提の仮想CPUといえませんかね
          こっちだとInfernoのvmとかElateOSとか色々

          • by Anonymous Coward

            ISAで互換性とるのをやめてVMレベルで互換性を取るようにして
            CPUメーカーはVMとセットでCPU開発をするようにした方が良いのでしょうね
            頑張ったら、動作中にノンストップVM更新とかもできるんじゃないかと思うし
            新しい高速化のアイディアも試しやすくなると思うし

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...