パスワードを忘れた? アカウント作成

中国ではすでに電池交換式EVが走っている」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    現状のうだるほどかかる充電時間に比べて3分は流石に魅力ある。

    だが要は充電時間が短くなれば、問題は解決するわけで。
    交換式のメリットはそう長く続かない。デメリットは多い。だから普及はしないと思われる。
    充電時間の短縮がどのくらい進むかが問題だが。

    • by Anonymous Coward

      > 充電時間の短縮がどのくらい進むかが問題だが。

      東芝は電池開発を加速している。現在使用している負極材であるリチウムチタン酸化物(LTO)から [toyokeizai.net]
      高容量な新酸化物負極材としてニオブチタン酸化物(NTO)を開発。次世代2次電池として試作済みだ。

      これを搭載した小型EVの場合、6分の充電で従来の3倍となる320キロメートルを走行することが可能で、
      2020年代前半の量産を視野に入れている。

      • by Anonymous Coward

        リチウムイオン: 700Wh/L
        ニッケル水素電池: 300Wh/L
        東芝製次世代SCiB: 200Wh/L

        東芝製次世代2次電池で320キロメートルが走行できる電池パックを
        同体積のリチウムイオン電池に置き換えれば1120キロメートル走行できる

        東芝製次世代2次電池で320キロメートル走行できる電池パックを
        同体積のリチウムイオン電池に置き換えれば充電速度は1/3.5相当になる

        東芝製次世代2次電池と同体積のリチウムイオン電池を同じレートで充電すれば
        6分も待たなくても1.7分で320キロメートル走行できる

        過充電で発火しないことを除けば何のメリットもない

        • by Anonymous Coward

          > リチウムイオン: 700Wh/L
          > ニッケル水素電池: 300Wh/L
          > 東芝製次世代SCiB: 200Wh/L

          またそういう嘘を平気で吐くwww
          その数字の出どころのソースどうぞw

          少なくとも、 東芝の発表 [toshiba.co.jp]では、次世代SCiBの
          体積エネルギー密度は350Wh/lだそうだが。

          > 東芝製次世代2次電池で320キロメートル走行できる電池パックを
          > 同体積のリチウムイオン電池に置き換えれば充電速度は1/3.5相当になる

          速度が1/3.5になったら、3.5倍の充電時間がかかるんだよね?

          • by Anonymous Coward

            電池の充電速度を考えるなら、Cレートについて理解してください。

            70kWhのリチウムイオン電池を1Cで充電するときの電力は、70kW。
            35kWhのSCiBを、5倍の5Cで充電するときの電力は、175kW。

            Cレートが5倍でも、容量が半分なら、同じ時間に充電できる電力は2.5倍にしかなりません。
            出力側もいっしょ。例えば放電のCレートが5倍大きくても、総容量が1/10なら出力は1/2になってしまいます。
            単位時間に充電できる電力を比較するなら、Cレートだけでなく総容量も考慮必要です。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...