パスワードを忘れた? アカウント作成

中国ではすでに電池交換式EVが走っている」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年05月15日 16時02分 (#3615001)

    朝日新聞1929年5月15日5面「モーター・セクション/自動車界の革命児、電気自動車」によると当時のデトロイトでは市内のあちこちに充電済み電池の供給所があるとかさらっと書いてある。
    戦前からあったわけで別に新しい話ではなかろう。
    当時においてもメンテナンスコストが低く低燃費・長寿命だが、走行距離が少なく充電に時間がかかりスピードが遅い、と現在と大して変わらない事が書いてある。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年05月15日 17時33分 (#3615106)

      ちなみに「たま電気自動車」(1947年、昭和22年)も電池交換式でした。
      タクシー用途だと充電してる暇はないってことかな。交換バッテリーは営業所で充電して置いておけばいいし。

      朝鮮戦争で鉛が高くなって製造中止。
      ガソリンが流通しだしたので普通のガソリン車を作るようになった。
      この会社が後にプリンス自動車になって、日産になって、今はリーフ作ってる。

    • by Anonymous Coward

      そんなに先進的だったデトロイトはなんで衰えたんやろ?

      • by Anonymous Coward

        日本のせい。割とマジで。

        • by Anonymous Coward

          いや経理屋が自動車製造会社を差配する様になったからだろう。
          流行を追う事と、儲かりそうな流行に全賭けする事は違うと思う。
          まあ市場の風向きが変わっていざとなれば、嘗ての様に殊勝な振りして連邦政府・議会に泣き付けば済むのだが(モラルハザード)。

          # この意味ではスバルにも大きなリスクがある(一方ダイハツ・スズキは製造ライン規格の中で精一杯のリスク分散を図ってはいる)。

        • by Anonymous Coward

          日本の自動車産業に負けたんだよね。

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...