パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Microsoft Band向けアプリ/サービスのサポート終了へ、アクティブユーザーには返金も」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ほとんど売れぬまま終了してしまいましたね。
    MSはモバイル系が、本当にダメダメですね!
    Windowsモバイルも本当の終わりになったし。

    Windows Lite、ARM版Windowsなど…
    このあたりが最後のチャンスでしょうか?

    • by Anonymous Coward

      売れまいが売れようが売れまいが今後も粛々と新プロダクトを生み続けるのだろう。

      • by Anonymous Coward

        日本企業じゃあるまいし、採算も何も考えずに猿のように同じこと繰り返すわけないだろ

        • by Anonymous Coward

          マイクロソフトぐらいの大企業になると、余裕資金を利用して
          定期的に同じようなプロダクトを作っては廃止したりするのです。
          時代が早すぎたプロダクトというのはいくつも存在しますからね。
          どちらかというと、日本企業にはそういう粘り強さが足りない。
          #だから現在流行っているものに「かつては日本企業が頑張っていた」というものが少なくない。

          • by Anonymous Coward

            日本企業が新たなコンセプトの商品を作り、日本市場で頑張る
            →日本人「何に使うかわからないからいらない」「それより普通のものを安くしろ」
            →相当粘っても商売にならず撤退
            →海外企業が再発明して海外市場で頑張る
            →外国人「面白い」「俺ならこう活用する」
            →売れる
            →「海外で人気」なので日本でも売れる
            →「こういう画期的なものが作れない日本企業はクソ」
            →舶来信仰高まる

            バブル崩壊以降はだいたいこれ。
            そりゃ日本企業も海外市場重視になりますわ。

            • by Anonymous Coward

              日本企業が新たなコンセプトの商品を作り、日本市場で頑張る

              具体的には何かあったかな?任天堂はいろいろと作っているような気がするし、ソニーも、メンテナンス以外のサービスを必要としないものならうまくやっている。他に何かある?

              • by akiraani (24305) on 2019年03月04日 9時57分 (#3574248) 日記

                元コメントは「日本で頑張って発売したけどこけて、海外で同コンセプトの商品がブレイクして逆輸入される」という流れなので、日本で成功して残ってるものの話はしてないと思うよ。

                個人的に思い浮かぶのは2004年のΣBook [itmedia.co.jp]、LIBRIe [impress.co.jp]からの2012年のKindle日本版発売までの流れかな。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                欧米の本はペーパーバックでもでかくて高いから、多少大きくて高価でも受け入れられる余地があった。一方、日本には安くてコンパクトな文庫本がある。高価で嵩張る電子書籍リーダーは日本で受け入れられ難かった。

                消費者の見る目がなかったわけではなく、多くの消費者を満足させられるようなものを作れなかっただけだよ。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...