パスワードを忘れた? アカウント作成

経済産業省、太陽光発電の固定買取価格を引き下げ」記事へのコメント

  • 最近は、外国では順調に設備発電コストが下がっているのに、日本では何故かコストが下がらないと言う状況が続いていた。
    人件費などを考えてもちょっと高すぎた。
    これは、コストから一定額の投資利益率を乗せて計算されているはずの固定価格買取制度の価格が、逆にコストを下げ止まらせている可能性が指摘されている。
    そこで、もう少し厳しめにコストを算出して、価格を下げてやる、というのがこの話だと思われる。

    これに引っ張られて太陽光発電システムの価格は下がると思う。もちろん電気代側の負担も減るのもあるが、こっちの方が影響で買い。
    太陽光発電に参入しよ

    • 太陽光発電先進国ドイツでは条件が良い時に自然エネルギーによる電力供給が80%を超えた。
      でも、電力価格は日本の2倍以上。
      電気代の負担減るどころか増えてるんだよね。
      発電コストが減ったからと言って電気代が減るとは限らない。

      • by Anonymous Coward

        もういい加減FAQだけど、ドイツは電力に電力税など各種税金が乗っているので、金額だけ見ると高いがコストは日本より安いぞ。

        前は褐炭によって安価な電力を作っていたが、今は再エネによって、他の国に比べコスト上昇を抑えてる。

        • by Anonymous Coward

          再エネで火発に負担が行きすぎて別途税金流し込んでるけど
          それでも抑えきれなくて大赤字出してるよ
          耐え切れなくなった所は美味しい思いしてる北欧に買収されたりしてる

          • 既存発電所の問題は

            ・大規模産業向けでは、再生可能エネルギーの価格低下で競争が激化
            ・再エネに投資が集中、既存電源の旧式の整備更新に金融コストが上昇
            ・環境政策の観点から石炭、褐炭に入ってた補助金が削減された
            ・ロシアとの関係悪化で原油が不安定化

            って話が上でリンクされててるページに書いてあるけど。
            再エネが伸びて既存電力がやられるのは産業転換の過程では仕方が無い。
            それを政治力で無理矢理延命しても良い事無いよ。ソフトランディングさせる程度にしとかないと。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...