パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

TEACは未だにMDデッキを生産している」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    もしもMDがPCのフロッピーを代替していたら・・・
    容量もギガ超えて、速度も32倍速とかなった上に音楽用MDが普通に読み書きできて・・・
    なんてな具合に使われていたらどうなってたんでしょうかね。
    もうちっと延命できたんでしょうか?
    イマドキSDカードが512GBですから、そこまでの値打ちは無いですかね。

    • by Anonymous Coward

      無理でしょうな当時ポータブルタイプのデータ記録用ディスクメディアが群雄割拠していた
      その中で構造上ドライブが複雑かつ高価になる上にCDよりも容量が小さくCDよりもドライブの構造が複雑になるメディアでは売れないでしょう
      よしんば生き残ったとしてもCDとドライブを共用できてより大容量なDVDにあっさり駆逐されたんではないかと
      はやいタイミングでパソコン向けMDをソニーが出したようですが最初で最後の製品になったようですね

      • by Anonymous Coward on 2019年01月05日 4時43分 (#3543598)

        CD-Rはまだメディア1枚数千円、CD-RWは存在せず、普及してるリライトメディアは単密~倍密MOが精々の時代。
        MDは圧倒的なメディア単価の安さで期待されてたんですよ。早期に出せてればね。

        >はやいタイミングでパソコン向けMDをソニーが出したようですが最初で最後の製品になったようですね

        MD-DATAは、PC用MDが噂されてから数年もかかって遅いタイミングで出てきた期待外れの製品。
        あのタイミングでも音楽用とメディア共用さえできてれば普及の芽はあったんだが。

        親コメント

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...