パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

トム・クルーズ曰く、映画を見る際にテレビのフレーム補完機能は使うな」記事へのコメント

  • 過去にCGを造ったとき、30FPSならそうでもなかったけど、
    インターレースの30f/secで実質60fpsにすると、とたんにビデオ撮影っぽく見えた。
    24fpsにすると映画とか時代劇っぽくなる。

    映画も高解像度ばかりではなくて高フレーム化が進めば、
    みんなそれに見慣れてきて家庭用ビデオやTV番組を連想しなくなるんじゃないかな。

    • by Anonymous Coward on 2018年12月07日 18時57分 (#3529091)

      ドラマと映画にFPSの違いがあったのは始めて知りました、でもカメラをゆっくりパンしたりするシーンはカクカクだったりして逆に見づらい気がします
      可変FPSはどうでしょうか?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        #3528811が言ってるのはそのカクカクが映画の印象として刷り込まれて居るのではないかという話。
        なので可変FPSでなめらかにした場合、そのシーンをトムクルーズに見せれば結局安っぽいと言われるのでは。

        簡素な3DCGはのっぺり(なめらか)な描画だけど安っぽく見えて、
        適度にノイズを入れて(見づらくして)ごまかすとそれが緩和される、と考えても良いのかもしれない。

        簡素な3DCGの方は実際簡素だから安っぽいのは仕方ないけど、
        フレームレートの方はただの刷り込みなのか、カクつく方が高級感を感じる仕組みが存在するのか、興味深い。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...