パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

お寺が電力小売りに参入、檀家ネットワークを活用」記事へのコメント

  • 一時期小規模水力って話題になったじゃん? 潜在資源量が900万KWhとかあるとか試算が出て一気に盛り上がった。
    この他にも、家畜の糞尿や農業残差、間伐材などを使ったバイオマス発電や、地熱発電なんかも結構できそうじゃん、って話題になったよね。

    でも、いずれもぱっと話題になったけど、その後開発は上手くいってないみたい。一方で太陽光発電は比較的開発が進んでいる。
    その違いは何かと言うと、どうやら太陽光以外の再エネは、結構利害関係の調整が厄介だからと言うことがあるらしい。

    例えば小規模水力。
    日本の河川は自然のまま等と言う所はほ

    • 伝統的にお寺なんて利益を巻き上げる資産家の代表みたいなモンだと思うが
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        その常識が通じたのはせいぜい安土桃山時代まで……というのは言い過ぎにしても、廃仏毀釈からこっちそんなことは無い。

        電力事業に乗り出す背景には、寺の運営が年々、厳しくなっている実情があります。

        寺院の関係者によりますと、人口減少や過疎化、それに住民の都心回帰などライフスタイルの変化で、運営を支えてきた檀家が年々、減少しています。このため、老朽化した本堂を修復できなかったり、後継者が見つからなく

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...