パスワードを忘れた? アカウント作成

九州電力管内、電力需要減少で太陽光発電などに対し出力制御を求める可能性」記事へのコメント

  •  本来、過当競争になれば競争している同士が削りあうんだけど、太陽光発電業界はFIT制度で保護されてて、買い取る側の電力会社が泥をかぶる形になってる。この構造がそもそもいびつなんだよなぁ。

     まあ、2019年でFITが終了したらもっと堂々と買取価格を下げて対処するだろうし、これで死ぬような収益性の悪いところは、今救済して延命してもどうせ来年競争に負けて撤退する羽目になるだろうな。

    • by Anonymous Coward

      > 買い取る側の電力会社が泥をかぶる

      泥をかぶるの意味がよく分からないけど,FIT自体の負担は消費者にそのまま転嫁しているだけ.送配電の問題だというなら特許企業としての責任だと思うけどね.

      問題は,太陽光発電業者と既存電力会社の発電部門が競合状態にあり,送配電領域で利益相反を起こしていることだと思う.電力会社は発電施設を利用して原価を積まないと利益を上乗せできない構造で,太陽光が利用されればされるほど自社施設の使用率が下がって利益が上がらない構造だから,自社施設以外の太陽光やバイオマスを受け入れるインセンティブにならない.

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...