パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

X68000をモチーフにしたRaspberry Pi 2/3用ケースが発売される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    直接比較はし難いけど、CPUパワー的にはRaspberryPIの方が上ですよね。
    エミュレータが動かせるかな。

    • by Anonymous Coward on 2018年07月23日 13時57分 (#3447461)

      > 直接比較はし難いけど
       
      比べるまでもないから、難しくはないのでは?
      3桁ぐらい違いますかね?

      親コメント
      • by TarZ (28055) on 2018年07月23日 15時32分 (#3447532) 日記

        - このサイズに入っているのがクアッドコア1GHz前後でメモリ1GB
        - オリジナルのほうが10MHzでメモリが標準で1~2MB(最大12MB)

        目安としては、やはり3桁くらいですかね。

        # IOCS.X 入れとかないと、テキストのスクロールが遅くて遅くて…。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        m68000についてSpecint2006やGeekbenchといったベンチマークの数字を探す根気がないのでとりあえずMIPSで比較すると、m68000は8MHzで約1MIPS、Raspberry Pi 2は1,186MIPS、つまりだいたい三桁の差。
        これがX68030だと11MIPSくらいになるので、格差はたった二桁に。やったね!

      • by Anonymous Coward

        ピコーン!
        いいことを思いついた。RaspberryPIとこのケースを大量に仕入れて、タイムマシンで30年前に持って行って売りさばいたら一財産できるんじゃね。

        #で、ケーブルを持って行き忘れるというオチになる。キーボードもマウスも使えない。
        #そもそも電源のUSB-miniAケーブルなんて影も形もない。
        #D-SUB3列15ピンのディスプレイはあったかな。

        • by Anonymous Coward

          ディスプレイやマウスがなくてもリモートでなら使える、と思った?
          残念、1988年には無線LANどころか10baseTもなかったのだ。

        • by Anonymous Coward

          シリアルコンソールがある
          初期設定が必要だけど……

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...