パスワードを忘れた? アカウント作成

電気飛行機「eFusion」、試験飛行中に墜落」記事へのコメント

  • AUTOBLOGの方に、プロペラとコクピットの間にバッテリーがある、と書いてあるから、バッテリーから発火したんだったら、目の前が炎だし煙だしで、対処できなさそうだな

    Magnus eFusionはコクピットの前方に多数のリチウムイオンバッテリーを搭載し、そこからシーメンスのSP55D型250kWモーターに電力を供給します。

    • by Anonymous Coward

      > プロペラとコクピットの間にバッテリーがある、と書いてあるから

      あらあ設計ミスっぽい。
      配線長的には有利なんでしょうけど、給電に比べればずっと面倒な航空燃料でさえ普通は主翼から供給するんですから、
      こいつもコクピットから離れた場所に設置すれば良かった?

      • Re: (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward

        JAXAでやってるやつはモータグライダーベースで、主翼下にバッテリー追加してますね。
        http://www.aero.jaxa.jp/research/frontier/feather/ [aero.jaxa.jp]
        今回のはベースの機体選びの時点で間違ってたのかもしれません。

        • by Anonymous Coward

          主翼が燃えたらそれはそれで大変そうなんですが、どうなんでしょうか。

          • by Anonymous Coward on 2018年06月14日 15時37分 (#3425192)

            これは元がモーターグライダーなので、バッテリーを切り離してもそれなりの距離を滑空できると思います。
            実用化の際は、バッテリーが燃えても主翼への被害が最小となるような取り付けが成立する機体の重心設計にするんじゃないかと思います。
            バッテリーを主翼直下ではなく、後方にオフセットさせて配置するくらいしか思いつかないのですが。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...