パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

USB Type-Cケーブルの仕様を確認できるチェッカーが販売される」記事へのコメント

  • と思った人いるよね。残念でした。回路図はほぼAVR(マイコン)直結でそのプログラム(ファームウエア)は未公開な模様。

    #プログラム作るのは簡単だけど、プログラミングするためにUSBケーブルの仕様を調べるのが手間

    • 中身を吸えば良くね。スラド民ならたいてい持っているAVRISP mk.2かAVR DragonかAtmel ICE使って。
      ATMEGA48PAの隣の6ピンのランドはISP端子だし。

      問題は、一個買ってる点だな。

      • by Anonymous Coward on 2018年05月23日 21時40分 (#3413474)

        全部表面実装の高密度部品なのでユニバーサル基板で作ったらとんでもないサイズになりそう。
        だいたい、Type-Cコネクタなんてブレークアウトできるの?
        基板起すくらいなら買った方がいい。
        そのうち中国でコピー品がつくられて、10分の1の値段で買えるようになるよ。

        親コメント
        • ヒロセのこれ [akizukidenshi.com]なら0.4mmピッチだね。けっこう厳しいかも。目が。
          USBコネクタが5個もあるので小型化は難しい。EAGLE無料版のサイズには収まりそうに無い。
          ただ配線自体はほぼ片面でかたが付きそう。集合抵抗を展開すると抵抗26個、LED24個かぁ、横にならべても結構なサイズかな。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            EAGLEの無料サイズってかなり広大だから楽勝でしょ。
            LEDはいくつか集まったバーLED使ってもいい。
            自分でプログラミングする前提なら液晶つけるというのもあり。
            USBコネクタ直付け無理なら、電子工作する人向けにモジュール化してるの使う手もある。

        • by Anonymous Coward

          この程度の部品のだったら普通にエッチングでできるよ
          もっと言えばこの程度だったら工夫次第でどうとでもなる。usbコネクタは延長コードぶった切って使って、UNO+ブレッドボードでもw

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...