パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

経産省、基幹送電線の50%を予備として空けておくルールを見直しへ」記事へのコメント

  • この辺りを研究されている京大教授のインタビュー記事
    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/solar/1109965.html [impress.co.jp]
    にこうある

    本来のリスクマネジメント的考え方で計算すると、すべての電源が最大出力になり、しかもその瞬間に基幹送電線に事故が発生する確率は、何万年に一度レベルの極めて稀頻度であることがわかります。これほど稀頻度事象のために新規電源が接続を制限されるのは合理的とは思えません。もっと既存設備を有効利用する方法もあるのです。

    という事で、100%をターゲットにしていたものを、ほんの僅か確率を下げてやるだけで、大幅にコストを削減できるということみたい

    業界によっては「精密オンチ

    • 安田氏がエネルギー戦略研究所株式会社の社員で、エネルギー戦略研究所株式会社が京大に寄付して作った講座の特任教授でしかないのに京大教授としてあちこちで発言しているのは利益相反だと思うのです。
      http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/member [kyoto-u.ac.jp]

      主張自体はしばしばメディアが曲解してるだけでそんな変な事は言ってないと思いますけどね。

      • by Anonymous Coward on 2018年04月19日 21時40分 (#3395933)

        うわぁ…
        なんつうか「大学教授」って名前での「専門家の意見」って世間的には信用あるんだろうけど、
        それを利用するための小細工する奴がまとも(?)な奴にも詐欺師にも多すぎるな。
        そのうち日本で目立つ発言をする「大学教授」はだいたい詐欺師、みたいな認識が確立されるんじゃないか。

        親コメント

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...