パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

経産省、基幹送電線の50%を予備として空けておくルールを見直しへ」記事へのコメント

  • ダックカーブ現象というものがあって
    そこらへん解決させない限り問題解決にならないだろ

    昼間ガンガン発電しても需要が無いのでは
    受け入れ体制整えたところで意味があるのか・・・

    • by Anonymous Coward

      それは供給が需要を上回ってから心配すれば十分かと

      これはそれ以前の問題

      向こうで「ダックカーブ現象」と騒いでるのは「再エネは駄目だ」と言う方面ではなく、「再エネは十分に育ってきたが、は既存の発電設備を撤去できない、どうする?」って話で、日本はまだそこを心配するような段階まで行けてません。

      • by Anonymous Coward

        一瞬でも需要が供給を上回れば大停電になるので、供給調整をしているのが現実です。供給量以上の需要が予想される場合には、安く電力を提供する代わりに非常時に真っ先に電力の供給を止められる契約になっている需要家に調整のため電力供給を停止しているのです。

        • by Anonymous Coward

          それはこの件じゃなくて、発電所が足りなかった時の話でしょ

          • by Anonymous Coward on 2018年04月18日 18時40分 (#3395257)

            挙句、その場合の供給停止のインパクトは、地震なんかで原発が停止した時の方が圧倒的に大きいという。
            まあ実際供給規模が大きい原発の予定外の停止に対応する為に大き目の余裕を取って居るのってのは有るのだろうけど。

            親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...