パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国・カリフォルニア州でも「修理する権利」法制化の動き」記事へのコメント

  • 生産終了後、7年も修理サービスを提供すると、その分、部品やサービスの維持コストがかかるから製品価格に反映されてしまう。
    だから一律規制するのはなく、メーカーに任せればいいと思う。

    iPhoneが生産終了後、7年も修理できても意味がないと思う。
    逆に給湯器が7年たったら、ちょっとした故障で修理できないのも困る。
    消費者は次のそのメーカーの製品を買わないということができるのだから、規制がなくとも問題ない。

    • by Anonymous Coward

      コストもそうだし、部品ごとに修理可能にすることは性能にも影響するよね。
      最近の薄型スマホだと、液晶パネルは強度を確保する構造材の一部に使われてるから、パネルだけの交換はできない。
      ネジを使ったら重くなるし強度で劣るから接着剤で張り付けてる。
      外部の業者で修理可能にするには、今よりも重くてかさばることを許容しないといけない。

      • by Anonymous Coward

        とは言っても、iphoneが1,2mm厚くなるぐらいだろ。

        • by Anonymous Coward

          iPhoneXが2mm厚くなると売れるとは思えないけどね。
          厚さが7.7mmが9.7mmになって、25%増しになるなら、重さも174gが217gに25%増しになるでしょう。
          修理しやすいけど厚くて重いiPhoneX2がこのスペックで出たとして、iPhoneXの1/10も売れるとは思えない。

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...