パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国・カリフォルニア州でも「修理する権利」法制化の動き」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    サードパーティーが修理をした製品が、正しく修理できていることを担保できる仕組みがないのをどうするんだろう。
    サードパーティーによる修理を行ったら、販売元はその後何があっても一切責任をとりませんよ、が認められるならそれでいいけど。

    たとえばサードパーティーがスマホのバッテリーを交換して暫くしてからスマホが発熱炎上したとして、誰が主体で調査するのか。
    交換したバッテリーが粗悪だったり、取り付け方が悪かったのかもしれないし、実はスマホの制御回路に問題があったのかもしれない。あるいはスマホの制御回路が想定していない規格のバッテリー

    • by Anonymous Coward on 2018年03月11日 20時35分 (#3374527)

      純正部品を保守業者に供給することを義務付ける法律の話なのに、なんで捻じ曲げてるの?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        保守業者であろうとサードパーティーの手が入る時点で正しく修理されたことを担保できないでしょ。
        ましてや蓋開けて修理したのが正規の保守部品だったか、爆発したり炎上した固体で区別できないじゃん。

        だから修理が困難な形状になってる部分があるんだよ、現状。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...