パスワードを忘れた? アカウント作成

SiFive、RISC-Vアーキテクチャの64ビットクアッドコアCPUをリリース」記事へのコメント

  • RISC-VがMIPS系のデザインであることはよく知られていますが、
    つい先日トランプ大統領が大統領としての立場を使って
    MIPSを中国に渡さずアメリカの支配下に置く動きを見せた(そして実際にそうした)ことと合わせて、
    全体としてARM排除の動きと言えるでしょうね

    まずは省電力への要求が少なくかつ性能はそれほどいらない据え置き組み込み機器やローエンドタブレットなどから入っていき、
    長期的には安価な小型機器は(MIPS系と言っても差し支えのない)RISC-V、
    ハイエンド小型機器はMIPS系統のSoC、
    ファブレットから上はIntelとしていくんでしょう

    • by Anonymous Coward on 2017年10月12日 18時31分 (#3294706)

      > つい先日トランプ大統領が大統領としての立場を使って
      > MIPSを中国に渡さずアメリカの支配下に置く動きを見せた

      そーすどぞーw

      • by Anonymous Coward on 2017年10月12日 18時35分 (#3294715)

        スラド諸氏なら常識の話なんだけどなぁ、、、なんでそんなに物事を知らないんだ?

        GPUのImagination、トランプ大統領の意向で分割して身売り
        http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/122200045/091400099/ [nikkeibp.co.jp]

        > トランプ大統領の意向により、米国に拠点を置くMIPSコア事業は、別のベンチャーキャピタルが買収する。

        • by Anonymous Coward

          それは軍事利用できそうな技術は中国に渡さないとした、先日のLattice Semiconductor買収で起きた
          大統領令発令の「意向」をくんで当事者同士が自発的にやったこと。
          Imaginationの買収に関しては、トランプ大統領は「アメリカの支配下に置く動きを見せた」というような
          具体的な動きは見せていない。

        • by Anonymous Coward

          トランプ米大統領が中国資本によるLatticeの買収を阻止 | マイナビニュース [mynavi.jp]

          なお、今回の件については、ことさらにトランプ米大統領による阻止が強調されて報道されている面があるが、仮に別な人物が大統領であっても同様な大統領令を出していたものと思われる。中国資本が米国企業を買収しようという動きが増加するにつれ、トランプ政権の政治的圧力も強まり、CFIUSの審査が強化されており、今後の中国資本の米国進出はさらに困難になることが予想される。

          トランプにゃ、ARMもMIPSも区別なんかつきやしないだろうよ。単に中国に渡したくなかっただけ。
          どこから「ARM排除」なんて妄想が沸いて出たのやら。

          • by Anonymous Coward

            ARMとMIPSの両方を親中に取られるわけにはいかなかったから、ARMが親中に買われたのでMIPSは守ったという流れなんだけどね

            だからこそARMは切り捨てられ、MIPSのほうにシフトすることになるという流れになる
            仮にMIPSが先に買われてたらARMを守っていただろう(が、現実世界はそれとは逆の順番になった)

            物事を正しい順番で見ることもできないほ必死にならず、まず頭冷やせ

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...