パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NEDOとIHI、世界初という実海域における海流発電実証試験を8月に開始」記事へのコメント

  • 魚とかミンチになったりしないのか素人目にも思ったりするけど
    そのへんどうなんでしょうかね
    網とかあってもそれ以下のものはすり抜けるだろうし

    • by Anonymous Coward

      その前に漁師が保証を請求してくる方が問題でしょうね。
      そんな所で漁をした実績がなかろうと請求してくるでしょうから。

      • by Anonymous Coward on 2017年07月12日 22時32分 (#3243576)

        水産系役人AC

        漁業補償は、漁業権を侵害したり、制限したり、放棄させたりする場合に出される。

        漁業権とは、漁業をする権利ではなく、漁業を排他独占する権利。漁業法で定められた伝統的な権利で、都道府県が漁場の計画を立て、持続的に自主管理ができる漁協(共同漁業権の場合)に知事が免許する。

        漁業権は、物権とみなし、土地に関する規定を準用する旨規定されており、ごく大雑把には、農地と同じと考えてよい。
        農地は、律令時代の班田収受法から歴史を積み重ね、零細な個人に所有権が帰属する制度に至っている。一方、海では沖は入会いとし、地先は村落の総有とする慣行が江戸時代に確立し、現代の漁業法はそれを法で体系化しており、所有権は認めていないがそこでの生産行為を独占する権利を認めるものである。
        所有権の点で大きく異なるが、漁業権を放棄させるということは、農業で土地を取り上げるのと同じことである。

        なお、漁業権は地先の磯根漁業に対して設定されるもので、黒潮の本流が通るようなところには設定されない。

        親コメント

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...