パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ドイツで燃料電池を使った列車が試験導入される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    > 欧州の鉄道網の約20%がディーゼル車で運行されているそうだが、
    > 実験が成功すればこれらが今後燃料電池車に置き換えられる可能性がある

    車両価格めっちゃ高くなるんじゃないのか?ランニングコストも。
    記事では環境面の利点ばかり強調していて、コストが現実的かどうかに関しては一切触れてないけど。

    • by Anonymous Coward

      鉄道車両の場合、車両本体価格が乗用車とは比較にならないくらいに高いですから、燃料電池スタックの原価上昇分は相対的には少なくなるはずです。
      鉄道車両の価格をよく知らないので具体的な事は言えなくてすみません。

      さらに、燃料電池スタックへ空気を送り込むコンプレッサーの作動音がうるさいってのもそれほど問題になりませんから、乗用車に比べれば商品化自体は楽だと思います。
      燃料供給基地の整備は鉄道の方が大変だと思いますけど。

      #水素供給用の設備は蒸気機関車用のヤツの跡地だったりして

      • by Anonymous Coward

        鉄道車両の価格をよく知らないので具体的な事は言えなくてすみません。

        日本の場合だけど、中央線やら京浜東北線、埼京線あたりでやたら目にするE233系が、1両1~1.4億円(制御機器やモーター等の有無で変わる)
        もうちょっとざっくりで10両編成だと12億円前後だそうで。
        価格に関して言うなら後述の日本式ハイブリッド車その他も、その2倍までは行かないそうなので、極端に導入コストで死ぬということはない。
        少なくとも車両そのものに関しては。水素の供給施設がどれくらいのコストになるかはちょっとわからないけど。

        でも燃料電池ってどうなんだろう、そこまでメリットあるんだろうか。
        日本だと、たとえば ディーゼルを発電に使って、その電気駆動で走る車両 [wikipedia.org]は実用化されている。車で言えばプリウスみたいなやつ。
        他に(まだ採用例は少ないけど)発電

        • by Anonymous Coward
          軽油満載の車内で走行中にガソリン被って焼身自殺したり、2万ボルト引き込んでる車内で走行中にガソリン被って焼身自殺するのは安全なの?
          • by Anonymous Coward

            軽油満載の車内で走行中にガソリン被って焼身自殺したり

            被ったガソリンの量にもよるが、大型ポリタンク1個とかだとそれなりにリスクはある。まあそんなもの持ち込ませちゃいけないし、持ち込んじゃいけないのだが。それでもたぶん大丈夫じゃないかなぁ、自動消火設備の搭載とかも進んでるし。
            今残ってるディーゼル車は一番古いものでも昭和40年代前半に国鉄がディーゼル車の火災トラブルを徹底的に検証した上で、床下と燃料タンク(およびエンジンと燃料タンク)の間に断熱材や放熱機構を挟んだり、燃料管の強化を行っているから滅多なことでは燃料に引火するような事態にはならない筈だが。
            それ未満の小火程

            • by Anonymous Coward on 2017年04月21日 16時03分 (#3197792)

              ディーゼル擁護者は多そうなので水素ボンベについてだけ述べると、およそ日本における高圧ガス設備には安全弁が付いていて、ボンベ内圧力が設定以上になると内容物が容器の外に自動的に排出される仕組みになっている
              LPガスのボンベはもちろんのこと、溶接で使うアセチレンや酸素、都市ガスの配管(厳密には街のあちこちにあるガバナー室)、石化プラント、一部の消火器などにも安全弁が付いている

              安全弁から排出された可燃性ガスは、出た瞬間に引火・燃焼するのがもっとも安全で、環境にも優しい(生ガスはCO2より温暖化係数が高い)
              空気より軽い可燃物ならタンクを天井より高い位置に配置しておけば間違いない
              日本で走っている天然ガスで走るバスの容器が屋根に付いているのは、低床化の妨げになるという理由もあるが、万一漏えいしても車内に充満しにくいというメリットも大きい
              それでも垂れ流しが嫌なら、石化プラントの煙突のように、着火器を備えてもよい

              容器については、想定される事故に応じた強度にすべきで、国外の事例は参考にするけど、日本特有の事情も考慮する必要がある
              ディーゼル機関をトンネル内に走行させるような国だし、それと同等であればよい
              ガス漏えい感知と同時に不活性ガス(窒素等)を噴出して爆発下限界まで希釈するのはやり過ぎかな?

              とにかく、ガソリンタンクや軽油タンクを搭載した乗用車や大型車、LPガスボンベを満載した車が日常的にトンネルを通行しているのに、鉄道だけ1人も死者も出さないよう完璧な安全対策を強要するのは、著しくバランスが欠けると思う
              何十人もの死者を伴うトンネル火災はこれまでいくつもあったけど、「トンネルに可燃物を持ち込ませるな」なんて極論吐く常識人はいないでしょ?
              鉄道だって、今日も可燃物を満載した貨物車両が走ってるんだよ
              危険だというなら、自動車もトンネル入口で燃料抜いて、電動式の運搬機でトンネル出口まで運んで、をでて給油するくらいしないとバランスとれないでしょ?
              ※「バランス」ってのは行政から見た国民に対する安全対策の程度の差の話で、鉄道事業者と道路管理者の話じゃないよ

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                >ガス漏えい感知と同時に不活性ガス(窒素等)を噴出して爆発下限界まで希釈するのはやり過ぎかな?
                それは死人が出るから止めて。

              • by Anonymous Coward

                日本で走っている天然ガスで走るバスの容器が屋根に付いているのは、低床化の妨げになるという理由もあるが、万一漏えいしても車内に充満しにくいというメリットも大きい
                それでも垂れ流しが嫌なら、石化プラントの煙突のように、着火器を備えてもよい

                だとすると、基本的に走行系の大半は床下に集約する鉄道でガス燃料って使ったら不味いんじゃ?
                軽油のディーゼルに比べて水素がタンク容量的に圧倒的に効率がいいなら、薄いタンクを屋根に乗せれば良いかもしれないが。
                そうでないとすると屋根にタンク乗せるわけにもいかないから、何かあったら乗客の直火

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...