パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

IntelがRyzenに対抗してCPUを値下げする、という噂」記事へのコメント

  • と、Athlon 64 X2を買った時に思った。
    「DTMに最適な静穏&コンパクトPC」を謳い文句にしておきながら、CnQかけりゃタイミング狂いまくり。
    かといってCnQオフにすれば、しばらくするとファン全開なBTO PCを売った某PCショップ、てめーは絶対に許さん。

    今回も早速、BIOSがこなれてくるまでメモリ速度を制限状態で使えとかいう噂が流れているが、AMDはいつもこれ。
    AMD CPUのメモリ周りの不安定さは異常。俺もAthlon 64の時、安定させるまでどんだけ苦労させられたか……
    しかも信者は「今は大丈夫だ。問題ない。」などと平気で嘘ぶっこいてくるので全く信用ならない。

    AMDの価値は、競争原理によってIntel CPUの価格を下落させてくれることだけ。
    さっそく下げてくれてるようでなにより。

    • by Anonymous Coward on 2017年03月01日 9時30分 (#3168882)

      2005~2006年時点での判断であればAthlon64 X2が正解だと思う。後知恵ではCore2なのだが。

      PentiumD 静音とコンパクトの両立は無理。どちらかならいけるかも。
      Core Duo この時点では静音&コンパクトでは最適かもしれないが少々非力。
      Core2 Duo 相当頑張れば静音&コンパクト可能。登場時点ではマイクロコードアップデート前で時々カクッと止まるのがDTMには致命的。
      Athlon64 X2 ちょっと頑張れば静音&コンパクト可能。性能・安定性そこそこ。

      親コメント

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...