パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ミッドレンジGPU「Radeon RX 480」2枚構成、特定の状況下ではハイエンドGPUを凌駕」記事へのコメント

  • 日本だとGTX1080が10万円超え、RX480が3万円半ば
    これなら2枚で3万円以上のお釣りがくるRX480を2枚買ってもいいんじゃないでしょうか?

    • by Anonymous Coward on 2016年07月13日 13時43分 (#3046425)

      AMDはそういってるんだけど、ゲームによっては1080には勝てないかもって言ってるのがアスキーの記事

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2016年07月13日 15時43分 (#3046515)

        1080との勝敗以前に、ほとんどのゲームでcrossfire効いてなさそうっていう結果じゃないかしら
        まあこの世代のハイエンドになる予定だったVegaが遅れそうだから、
        「あんなもんミッドレンジのcrossfireで勝てる(全てにおいて勝てるとは言ってない」で誤魔化してるだけかと

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        じゃどんなゲームなら超えるかって言うと、ズバリVR。
        RX480はVRの最低ラインをクリアしてる最安のカード。
        将来的に、もう少しリッチなVRが必要になったら、その時にもう1枚追加すれば良いって所が売りのポイント。

        • by Anonymous Coward on 2016年07月13日 16時10分 (#3046536)

          VRとマルチGPUの相性は最悪なんだが。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            なにゆえ?
            DX12かVulcanなら複数のGPUに分散してキューイングするだけだよね?
            最初のテクスチャのアップロードコストはさておき、
            単純にリニアに性能上がりそうなもんだけど。

            • by Anonymous Coward

              VRで要求されるのは高フレームレートもさることながら低遅延であることが重要。
              マルチGPU系の技法は大抵遅延を犠牲にしてフレームレートを稼ぐ。

              VRだと右目と左目の画像はほぼ同じだから描画負荷も同じだと仮定して
              単純に片目の描画ずつ割り振って最後に合成・・・で行ける気もするが
              誰かやったって話を聞かないのは何か見落としがあるのかそれとも
              市場規模的に手間に見合わないのか。

              • by Anonymous Coward

                nvidiaのOpenGL拡張がまさにそんな感じ。
                最後にGPU1からGPU0に画像をコピーしないといけないから遅延が発生するとしたらそこ。
                https://devblogs.nvidia.com/parallelforall/vr-sli-accelerating-opengl-... [nvidia.com]

              • by Anonymous Coward

                俺は産業向けのシェーダー設計者だし、ゲームはしないからよう知らんのだけど、
                NVIDAもSFRがあるんだから、左右分割なんて、なんてこたないんだろうと思う。
                しかし、もしSLIで遅延が大きいというなら、SFRの実装がタコでAFRよりもパフォーマンスが出ないのかもしれない。

                前者はたぶん分割領域分の矩形を転送するだけでいいかもしれないので、より低遅延のはず。
                後者は少なくとも+1フレーム分は遅延し、加えて表示体側のGPUへのフレーム転送も走るだろう。
                がいずれにしろ転送ロスはmsecオーダーにもならん話と思うが。

                なんで遅延はAFRのほうが支配的でアプリケーションの設計次第と思う。

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...