パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

HPE、OracleのItaniumのサポート中止に対し損害賠償を求めて提訴」記事へのコメント

  • 近頃は、Oracleに関することは、タイトルのような脊髄反射をしてもだいたい合っている時代になりました。

    これも要するにOracleがSunを買って直接競合するようになったので、とりあえず嫌がらせをしたら訴えられて負けた。しかたがねーから表向き従っているふりをしたらさらに訴えられた、と言う感じのようです。

    一方のHPEもいろいろと台所事情はカツカツ。本当は経営資源の集中をしてもっと儲かる仕事をしたい。しかし納入先が納入先なので、赤字にはならないにせよ、Itaniumをチョン切る事もできない。
    今、Webページにすら

    既存のアプリケーションや既に投資したハードウェアやソフトウェアの資産を最大限活用しつつ、最低限の投資で、新しいCPUや機能を活用できる、本当にお客様が望む“長く使える”システム

    と書かれているように、既存システムを捨てられない人向けだけに販売し、後は終息させる予定ではあるみたいで、負けても捨てるものがないから訴えた、ということではなかろうか。

    • by Anonymous Coward

      でも正直、今回の件については Itanium も悪い。
      長く続けて普及させるという約束(裏約束? あるいは雰囲気?)があったから、Oracleも長期サポートを契約したんでしょう。
      ココまでコケちゃうとは誰も思わなかった、そしてコケてるのに無理矢理続けるほど無謀だとは思わなかったとかそんな具合じゃね?

      まぁOracle側も、普及率とかを契約条件にしなかったのはマズったね。

      でも、「Itaniumのサポートを続けると発表した時点でHPへの義務は果たされた」ってのも凄いね。
      サポート続けると口で言い、でも更新を一切しない場合でもこの条件は満たされる。
      まるで「絶版扱い」してないから本がずっと品切れでも版権戻さない出版社みたいな。

      しかしまぁ、OracleもいつまでもDBで食っていけるのだろうかね。
      小規模開発にはものすごく値上がりしたので、もう使えなくなりそうよ。。。
      そういう客は客じゃないのかもしれないけどね。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...