パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「長寿命」をうたうLED電球、LED素子よりも先に回路がダメになるケースも」記事へのコメント

  • 大量導入されたLED信号機とか大丈夫なのか?あれ

    • Re: (スコア:3, 参考になる)

      照明用の(輝度が必要な)発光機器と、情報表示用の(輝度が要らない)発光機器を一緒にしたらダメですよ。

      以下、数値は大ざっぱに書きますが、LED電球などに使われている「パワーLED」は、1素子で5Wぐらいの電力消費があります(3.5V×1.5Aぐらい)。
      LEDは効率良いと言いますが、それは白熱電球(2%程度)と比べての話で、LEDでも発光効率は10%程度。5WのLEDなら、1W分は光になりますが、残りの4Wは熱になります。
      つまり、照明用LEDはほんの数ミリ角の素子が発する数ワットの熱を廃熱する必要があり、しかも、LED電球の場合、そういう発熱源のすぐそばに制御回路も配置する必要

      • by Anonymous Coward

        ところが、200個のLED素子を点灯させるのであれば、「3.5VのLEDを30個直列に繋げば、105V 20mAで点灯させられる」×6セット、といった形でLEDを直列にすれば制御回路を非常にシンプルにできます。
        ていうか、LED信号機の制御回路は「100Vの商用電源を整流するだけ」って言ってもいい程度の単純なもので、そもそも平滑用のコンデンサがないのでその寿命が問題になることもありません。

        家庭用シーリングライトもこうしてくれたら、LED単体寿命×直列寿命確率低下分の寿命が期待できるのに。

        • LEDシーリングはそうしてますよ。例えば、こちらの製品は、LED数160個 [impress.co.jp]。
          調色機能があって暖色寒色それぞれ80個ずつですけど、それで60Wぐらいですから、1LEDあたり0.7W程度。

          直列数に関しては情報がありませんが、複数のLEDを点灯させる場合は、電圧が許すかぎりできるだけ直列数を増やすのが常識。
          100V駆動で25LED直列ぐらいはできそうですが、キリよく20直列×4セットぐらいかな。

          ちゃんとしたLEDの制御回路は、いわゆる「スイッチング電源」を「定電流源」化しますが、できるだけ高電圧小電流の方が効率がよくなります。
          (つまり、LED照明の中でも、特にLED電球は「小さいパッケージ」に「少数のパワーLED素子」という厳しい構造になっているので、その無理がたたって寿命問題が出ているってことで。今回のストーリーの問題をLED照明の一般論にしてしまうのは暴論でしょう。)

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            明るさが(半連続)可変と云う事は、ややこしい=寿命が短そうな、可変電圧電流直流電源装置が使われていると云う事では?
            スイッチとLED以外は何も無い、直列LED数切り替え、或いは電車で言うところの直並列組合せ制御に相当する、明るさ段階型じゃないと。

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...