パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「長寿命」をうたうLED電球、LED素子よりも先に回路がダメになるケースも」記事へのコメント

  • 安いやつは安定化回路を入れておらず単に抵抗で電流制限しているだけなので、スパイクノイズでLED素子そのものが逝っちゃうことが多いですね。

    静電気による破壊について [akizukidenshi.com]
    LEDの中には逆耐圧だけでなく静電気やサージにより破壊される場合があります。 組成がInGaNのLED(白色、青色、一部の緑色など)はサージや静電気に非常に弱いです。 光の拡散効果を狙って表面を研磨して壊れることもあります。お取り扱いはCMOS-ICと同様ご注意下さい。 ESD対策済みの場合(I-03560など)は問題ありません。

    年末に買ったスクーターのナンバー灯をLED化していますが、実働100時間経たずしてすでに半分ぐらい死亡しています。

    • by Anonymous Coward on 2016年02月23日 16時01分 (#2969357)

      >安いやつは安定化回路を入れておらず単に抵抗で電流制限しているだけなので、スパイクノイズでLED素子そのものが逝っちゃうことが多いですね。

      え?うちのは4年前から抵抗しか入ってない安物で1万km以上走行していますが大丈夫ですよ。

      それって、ただ明るく見せるために定格値いっぱいの電流を流している安物ではないですかね。
      基本的に定格値上限を流すには放熱器が必須ですから。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        「高電圧で死んだ」よりも「熱で死んだ」の方が尤もらしい予測だとは思いますが、
        静電気やサージで死んだ可能性に対する反論にはなってない気がするんですが。

        元コメの想定している死亡条件は静電気やサージですが、「1万km以上走行しています」
        というのは静電気やサージに何度もさらされるという事を意味していると思いますか?

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...