パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「固定価格買い取り制度」を使って調達した電力は「グリーン電力」をうたえない」記事へのコメント

  • タレコミにも、文書にも、どこにもソースがない。
    こういうのは普通に非採用にするべきだろうし、編集者がどうしても採用したいなら、自分でソースを補えよ。

    そして、もし編集者がまともに仕事していれば、偏った意見誘導をしているがために、新聞社など信頼できるソースにリンクが張れなかったと言う事を見破れたはず。

    この話題は、8日の経産省の発表をうけてのものだ。
    毎日新聞の記事では
    再生可能エネルギー:販売、「太陽光」の表示OK 固定買い取り制、利用業者に [mainichi.jp]と伝えており、全くニュアンスが違う。

    経済産業省は8日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で電力を調達した事業者が、電源が太陽光や地熱だと表示して販売することを認める方針を明らかにした。

    となっている。

    • by Anonymous Coward on 2015年07月16日 14時44分 (#2848438)

      異なるのはニュアンスだけで、読売も毎日も日経もタレこみもどれも合っていると思う。

      制度設計ワーキンググループでは、最終的に事務局案で落ち着いているのであって、事務局案は「この電気は、全国の需要家の皆様に御負担いただいた賦課金に基づく交付金による補填を受けたものであり、CO2排出量ゼロという価値などの再生可能エネルギーであることの付加価値を有しておりません(CO2フリーの電気とは異なります。)。」というような表示をして、FIT電気を売りましょうということ。

      これは、日経が言うように「グリーンをうたえない」だし、読売が言うように「FIT電気として売る」だし、毎日が言うように「太陽光の表示OK」だ。

      親コメント

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...