パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ドイツでは電力供給過多のため電気料金が下がり続けている」記事へのコメント

  • 幾つか統計資料を投下しときます。

    ・家庭用の電力料金は、この十数年で約2倍に上がっています(5ページ) [challenge25.go.jp]。ただし上昇分の半分は、税金等によるものです。

    ・一方で卸(や、賦課金が減免されている大口向け)電力価格は、再エネの普及を本格的に始めた2004年頃と同水準になっています [vik.de]。

    ・市場取引価格は、全体的に昼間(=企業が活動する時間帯)が安くなっています [renewables...tional.net](元の報告はこちら [solarwirtschaft.de]、ただしドイツ語)。太陽光の普及によります。

    ・買取制度(EEG、いわゆるFIT)による買い上げ価格は、今年初めの時点で太陽光で9.5セント~13.7セント/kWh、陸上風力で8.8セント/kWh前後 [germanenergyblog.de]等で、平均的な火力発電に近くなってます。(一方で日本の買い取り価格は、この2倍以上。もっと下げたらいいのに)

    ・再エネは現時点で電力の約1/4を供給するようになっています

    • by Anonymous Coward

      >なお「フランスから電力を…」という理屈の批判がありますが、実際のところ、ドイツはフランスに対して電力を売っている量の方が多いです [livedoor.jp]。

      これ、勘違いしている人が多いけど、多く売っているから優れていると言うことではないですよ。
      電力網に関して言えば「常に足りなくならないこと」が至上命題であって、
      売電量の大小について言えばぶっちゃけコストバランスが取れていれば「どうでもよいこと」です。

      #その売電ですら、自然エネに大量の税金と消費者から巻き上げたお金を投下して激安に販売している(コストバランスが極悪)んですけどね。

      実際、ドイツがフランスから輸入している電力はこの「電力を常に足りるようにするため」の生命線であって、
      フランスが脱原発して電力を売らないとなったらドイツの電力網が一気に崩壊するだけです。

      • by Anonymous Coward on 2014年07月04日 1時53分 (#2632932)

        >多く売っているから優れていると言うことではないですよ
        全くその通りですが、再エネを否定されようとする方々が妙にお好きなんですよね。また輸出入自体は他国ともしているのに、フランスばかりを好むのも妙な話です。
        もしも原発をもっと使ってくれとおっしゃりたいなら、されるべきはデマや詭弁で他の技術を貶めることでは無いでしょうに。

        >コストバランスが極悪
        何を持って「極悪」と言っておられるのか、全く定量的な論拠を示されていませんね。

        # ACで。特に後者は定量的な論拠を示されない限り、不毛になりそう。

        親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...