パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ドイツでは電力供給過多のため電気料金が下がり続けている」記事へのコメント

    • 電気を月に2万買って8万売ってる家としてはピンと来ん話だわ。

      • by Anonymous Coward
        一戸建てなら買電が2万なのはそう珍しくも無いが、売電で8万は珍しいな。
        相当屋根の広い結構な豪邸にお住みなんですか。
        • by Anonymous Coward on 2014年07月02日 9時35分 (#2631476)

          うちは12年前から設置してるけど、3kWくらいの出力で、季節にもよるけどピークでは売電2万円を超えることも。
          最新型のパネルは数倍になっているし、10kWくらい行くんじゃないだろうか。
          パワーコンディショナーの性能も上がってるのかな。

          8万円は滅多にないと思うけど、5,6万円は行ってるところもあると思うよ。

          10kW以上のパネルを設置すると、設置費用の補助金が貰えないけど、補助金は多くないので大容量にして、売電額を増やしたほうがお得だと思う。

          ちなみに、売電契約時には電力会社に出力を申請するうえに、接続するトランス単位なので、大容量を設置すりゃいいってもんじゃない。
          売電した電気は発電所まで送られるんじゃなくて、一番近所のトランスまで送られるだけ。
          トランスは、電柱の上とかに載ってる小さいドラム缶みたいな変圧器の事。

          だから、売電した電気は、そのトランスを共有している各世帯で使われるわけ。
          ということは、その各世帯が使う以上の電気は売電できないわけ。

          周囲に家が少なくて、トランスを共有している家がわずかとか、太陽光発電パネルを設置してる世帯が複数あるとか言う場合には売電できない恐れがある。

          太陽光パネルの設置は計画的に。

          親コメント

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...